2009年11月 4日 (水)

今年のタマネギ

今年のタマネギが終わった。

タマネギは5月に収穫したものを、壁際につるしておいて、だいたい2月ぐらいまでで使い切るのがパターン。終盤になると芽が出てしまって、可食部分がかなり少なくなってしまい、調理に苦労する。

今年は、いつもと肥料の配合を替えたらしく、新タマネギの頃生食すると本当に美味しかった。
しかしこの肥料配分はどうやら貯蔵には向いていなかったらしい。ものすこく腐りやすかったのだ。
毎年3か月あまりタマネギを購入しなくてはならない期間があるのは惜しいと、例年より多めに栽培したというのに、こんなに早く全部無くなったのはほとんど腐らせてしまったからなのだ。

とくにこの夏は雨が多かったせいか、ゴミの日の前になると吊したタマネギの中から腐ったものを選別しなければならない事が続いた。少しサボるとすぐにどんどん悲惨なことになる。ゴキブリは寄ってくるわハエは発生するわ、もちろん悪臭は立ちこめるわ。

9月になって雨の降らない日々が続いても、事態は思ったほど改善しなかった。相変わらずタマネギは次々腐り、一見無事だったものも切ってみると真ん中がダメになっていたりなぜか外から4枚目から6枚目の鱗片だけ傷んでいたりした。次第に料理にタマネギを使うことを躊躇するようになってきた。

結局、いったいどのくらいの割合を使わないままゴミ箱に捨てることになったのだろう。

とにかく、もう全部終わった。5月までタマネギを購入しなくてはならないのは残念だけれど、虫と悪臭との戦いはこれで一段落と願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

おせちメモ

おせち・作ったもの
伊達巻き(エビをすり身にして入れる。砂糖の量に毎年悶絶する)
きんとん・黒豆・ごまめ・棒だら・紅白柿なます・叩きごぼう・酢ばす・くわい・煮しめ(しいたけ・梅にんじん・筍・海老芋・高野豆腐)・貝柱つけやき・ぶりの照り焼き・いか松笠焼き・五目煮豆・数の子・砧巻・ごぼうの牛肉巻

おせち・買った物
昆布巻き・かまぼこ

砧巻(キュウリとカニかまぼこをかつらむきした大根で巻いて甘酢に漬ける)は久しぶりに作ったけれど、色合いの美しさとさっぱり味でなかなかのヒット。

黒豆を煮すぎて半分ぐらい皮がむけてしまったので、水に浸けるところからやり直し。
そんなこんなですっかり仕上がりが遅くなってしまった。
失敗した黒豆は干しぶどうを入れてぶどう豆にした。ついでに大豆で五目煮豆も作ったものだから、今回のおせちは豆だらけだ。
あと、お肉屋さんの注文を間違えて、材料の一部が夜まで届かなかったので、お肉系はかなりカットした。ま、たまにはいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

日々スキル向上中

お餅つきを先に済ませてしまうとなんだか調子が狂う。でも、家の中で片付いていない場所多すぎ。

毎晩寝る前にしなくてはいけない(ような気がする)事を書き出して、それぞれの仕事についてどの子どもをお手伝いに指名するかを考えている。実際は自分だけでした方が手っ取り早いことも多々あるけれども、それでも子供達が成長するにつれてお手伝いスキルが向上し、今年など手伝いの手がたくさんある幸いを噛みしめることに。

とくに二女ぱん太は本当に役に立ってくれてありがたい。長男も庭仕事方面でなかなかのスキルを発揮し、剪定など任せられるのが頼もしい。

ありがたやありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

年末って感じ

やっと換気扇掃除終了!これさえおわっとけば、安心して年末に突入できる。

それにしても景気のいいBGMは作業が進む。ニヤニヤして作業しているので、傍目からは相当不気味だ、と家族は言うけれど、楽しい方がいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

今年も障子はり

今年も報恩講に合わせて障子張りをする。

天気の良い暖かな日を狙って障子を張るつもりで、週間天気予報とにらめっこして日取りを決めたのに予想外に寒い。晴れ間も少ない。でもはじめた以上は最後までやってしまわなければ、夜はもっと寒いのだ。

それにしても気軽に障子が張れるのも、年々この作業が楽になったのも、熟練と言うよりは道具の進歩だと実感する。ピンと張って破れにくくよじれない障子紙とか。扱いやすくかつよくつく糊とか。作業をうんと楽にしてくれる障子はがし剤とか。ありがたいことだ。

そしてどんなに作業が楽になっても、張り替えたばかりの障子の気持ちよさは変わらないのが更にありがたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

不機嫌パワー

去年ぐずぐずと結局障子が張れなかったので今年は早い目にしようとだけは決めていた。
というので天気のいい3日に縁側のガラス戸8枚を洗ってしまい、翌4日に障子8枚を貼った。
前日のガラス戸洗いが結構腰に来て(重かったから)2日連続の大仕事はやめようかな、どうしようかなと迷ったり、障子張りの道具を買いに行ってうっかり安売りのペーパータオルを山盛り買ったりしていたらちょっととっかかりが遅くなってしまった。それでも障子を外し、中庭に並べ、紙をはがして建具を洗って乾かす。障子自体もうかなりガタが来ていて、桟が折れているところが数カ所。でも障子紙を貼ってしまうと固定されるから、困るのは洗って干す数時間だけなので多分当分はこのままだろう。そのいっぽうで長女に障子紙を切って貰って、建具が乾き次第紙を張る段取りにする。

2時過ぎに夫が帰宅。何があったのか、ものすごく機嫌が悪い。彼の定位置、居間の障子がそのときまだ建具を干している状態なのを見て「仕事が遅い」「段取りが悪い」と叱られる。もちろんなにひとつ手伝ってくれるでもなく、いつもの座椅子に座ってテレビを見つつ、障子がないから寒い、オレに風邪引かせる気か、とますます機嫌を悪くしていくばかり。

ここで理不尽に不機嫌をぶつけられていると感じる私自身の不機嫌メーターにもスイッチが入ってしまう。その状態で焦って障子を張り始めるが、朝にホームセンターで買ってきた障子が例年になく品質がよくない。紙幅的にそれしか選択の余地がなかったので購入したのだが、汚れというかキズというか、明らかに異物が漉き込まれている箇所がいくつか。せっかく切って貰ったのに使えないのが数枚できて、ここで私の不機嫌メーターに加算。さらに障子専用糊、去年まで使っていたのとノズルの形状が微妙に違うのだが、障子の桟の幅として設定されている部分が明らかに大きすぎて使いづらい。このノズルをデザインした人は障子を張ったことが無いに違いないと確信しつつさらに不機嫌メーター加算。必死で障子を張る間も座り込んだ夫から下手だの段取りが悪いのあれを用意していない例の物はどうなったなど言われ続け、不機嫌メーター更に加算。

この不機嫌パワーが良かったのか、いつもより遙かに速く障子張りが無事終了した。とりあえず達成感はあったけれど、当然すっきり感は薄めなのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

食品庫の片付け

台所というか納戸というかの食品の整理をしている。記憶にないものが次々と出てくる。あちこちからハイチュウが出てくるのが意味不明。(我が家の頭の黒いネズミはハイチュウをあちこちに埋める習性があるらしい。)とりあえず数日は在庫一掃献立にしなくては。細巻き寿司とか。(←焼き海苔が大量に出てきた)

蔵から一昨年のいただき物のそうめんを出してきて開封。うぎゃあ、中で黴びてしかもなんか虫わいているよ!!結束バンドを今切ったばかりのバリバリの未開封(変な表現だと思いつつ、雰囲気で理解していただき度く)だというのに!木箱は保管性に要考慮、ってところなのかな。以前は3年以上経ったものでも問題なかったように思うのだけれど、一体何が違うのか。

で、日々30度越えになる前に、冷凍庫を整理して中味のリストを作らなくてはと思ってはいるのだけれど、扉を開けるとなんだか気持ちがくじける。うう、負けちゃダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

今年も終わらない

2006年の家計簿の決算の締め切りはとうに過ぎているというのに、終わらない。レシートは99パーセント入力した。生協の伝票も入力した。でもカードで決済したものは、入力してあるものと忘れているものとがあって、より分けに苦しんでいる。たぶんあともう少しなのだけれど、実は「あとほんの少し!もうできたも同然!」と思ってから一週間経っていたりするのだ。PC版の家計簿はいくらでも遡って入力できるからと言って、ちょっとさぼりすぎたよな。でもあとほんの少しと信じてデータのチェックをしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

年末家事

家事と言っていいのかどうか、現在年賀状鋭意制作中。昨日からはじめたのに、まだ義父の分が終わっていない。(図案も住所録もできて印刷だけに時間がかかっている状態。)義母のと夫のと私のと子供達のが終わるのは多分あさってぐらいかな。

19日は大安で、ずっと懸案だった神棚を新調した。夫の記憶する限り神棚を替えたことはないそうで、ということは下手すると半世紀近くかそれ以上使い続けていたわけ。神具店のご主人に教えて貰ったお祀りのしかたはこれまでのと全然違う。ものすごく長い間間違いを重ねてきたということかな。神社本庁のサイトで見た祀り方とうちのとはずいぶん違うなとは思っていたのだけれど、年長者を差し置いて間違っているなんて言えなかったし。ともかく正しい方法に改めることができて良かった。

10年近く前、いまごろの時期に指先を怪我してから、クリスマスのケーキは市販のものだったけれど、今年は二女ぱん太が家庭科クラブに入ってケーキを習ってきたというので、一緒に作ることになった。24日は長男たかへが最後のセンター模試なので家でのクリスマスのお祝いは25日。年賀状が終わったらどのケーキを焼くかみんなで楽しく迷う予定。

実は台所の掃除がまだ終わっていないので、クリスマスのあとは台所とお餅つき(30日)とおせち、ぐらいかな。とりあえずおせちの食材の手配は終了。あ、お正月の和菓子の注文まだしてない。今年は金沢で行くか松江で行くか、ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

カーテン

レースのカーテンを洗った。年代物(干支一巡は堅い)なので、糸がダメになっているらしく、縫い目のほつれがひどいので結局7割ぐらいの縫い目を縫い直しというか上からミシンをかけることに。もう買い直した方がいいのかな。年4回洗うのであまり煤けてはいないのだけれど。

でもカーテンを買うのはとても難しい。この古い農家に合う色柄質感のカーテンって?って考えると全然思いつかない。おまけに、とりあえず南の縁側全面にカーテンをつけるとなると、できあがり幅145cm×丈175cmのが4枚要るので、うっかり贅沢にタックを取ると値段も馬鹿にならない。そんなこんなで、結局干支が一巡ちょっとする間南と北の縁側にはレースのカーテンしかついていない惨状だったりするのだ。更に去年リフォームした2階の窓はどこもカーテンがついていなかったりする。ちょっと変わった窓の付き方で、カーテンレールにすべきかポールにすべきかはたまたローマンシェード、なんてぼんやりしているうちに1年以上経ってしまった。仮に北向きの窓にはつけないとしても2階だけで5ヶ所。やはりここは「年末までに」とか期限を区切って考えないといけないのだろう。かかる額を考えるとかなり気が重いけれど。

それはそうと今日は洗濯指数20っていうのを信じて洗濯パスしたら晴れておまけに洗濯物よく乾きそうな風まで……くやしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧