« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月17日 (月)

絶品コールドビーフ

「はり重のコールドビーフ買ったことある?」と実家母に唐突に言われたのは10日ほど前。で、昨日歌舞伎を見に行ったので帰りに買ってきた。値段別に3種類あり、迷った末に一番高いのを奮発。

もう、見かけからして美味しそう。「ええ肉ですねんわ」と語っている。
そして実際に食すると、予想通りに絶品!

100g1260円と高価だけれど、少量でもものすごく満足度が高いので、ある意味お買い得かもしれない。
とりあえず次回は、100g840円のと1050円のも買ってみて、食べ比べてみることにしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

弁慶格子はかっこいい

生協でほぼ半額でチケットが買えるので、吉弥さんは出てらっしゃらないけれど、やはり日本人なら「勧進帳」は見ておくべきではないか?と思って、長女ぽん太と一緒に「團菊祭」昼の部に行ってきた。

着物の人や外国人観光客も多く、非日常な気分が否応なく盛り上がる。

新春歌舞伎の忠臣蔵の時も思ったけれど、なんとなく知っているつもりのお話でも、歌舞伎で見てみるとずいぶん印象が違う。展開的にぎりぎりまで引っ張って土壇場で一気にひっくり返す感じなのも想像以上だった。

それにしても、弁慶格子って本当にかっこいいなあ!が今日いちばんの感想だった私には、歌舞伎の高いチケットはいささかもったいないもののようだ。すごく楽しかったけれど。また行きたいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たちが悪い言い回し

毎朝3から6分間隔で繰り返されるばーちゃんの「今日私どこかに行きますんか」は地味にイライラするのだけれども、それでもこう毎日繰り返されると、10回ぐらいしか反復しなかった日は「きょうは一体どうしたんだ?どこか具合悪いのか?」と心配してしまうぐらいには日常に組み込まれてしまっている。
反復それ自体よりもダメージが大きいのは、全くそんな事実がないのに「意地悪して教えてくれなかったからデイケアに行きそびれた」という話を作ってしまうことだ。

基本的に健康でよく食べる人なのでお腹がすくのか、台所に入り込んで(本人的にはこっそり)食べ物を探すのも大概いやなのだが、それは今朝お気に入りの耐熱ガラスボウルを割られてしまったように、食器を壊されたりカトラリーをなくされたりするような目に見えるダメージにつながりやすいからだ。
でも食べ物関係でイライラするのは、9時半頃から「もうお昼ですね」を15分から30分おきに言いに来ることだ。要するに早くご飯にしてくれということなのだけれど、「まあもうこんな時間」としか言わなくて、具体的にご飯の催促はしないところがもやもやする。
そしてまさしく今作っていますよ、のタイミングで、「何にも食べるもんなかったら、パンの耳でもご飯粒でもいいから」とねだりに来るのは、私の何を試しているのだろう。

今朝も朝6時前から「ご飯粒でもパンくずでも」とやってきて、急いで朝ご飯を整えた頃にはすでに再び寝床に入ってしまっている、というのをやられて、気がついた。
この言い方が腹立たしいのは、もともとありもしない罪悪感をわざわざ作らせるように仕向けられているからだと。

まあ、もやもやの原因がわかってその場はすっきりしても、同じことやられたらまたもやもやするのだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

なんとなく美味しそう

大阪市立クラフトパークに、三女ぴー太の「こどもクラフト体験教室」に行ってきた。
本人の第一希望は機織りだったんだけれど、それは抽選に落ちてしまったので、「キルンワーク」教室に。

キルンワークというのは、ガラスの粉を石膏型に入れて、窯で溶かして器などを作るもの。今回は地色と線描き用と彩色3色までの、最大5色のガラス粉を使用する。ガラス粉を乗せるときはステンシルの要領で型を作って、一番表面に来る部分がら順に色を置いていく。

ガラスの粉が繊細な色合いで、なんとなく美味しそう。

うちは口出しするのも正直面倒なので、ぴー太の気の済むようにさせたのだが、受講者10人あまりに高学年があまりいなかったせいか、それとも付き添いの母親たちの創作意欲をも激しく刺激したのか、何をどう作るのかについてアドバイスを通り越した教育的指導がなされている場面に多々遭遇した。親たちの「いいものを作らなくては!」の意気込みがすごく大きいようだ。

そんなに高い会費じゃないんだから、多少変なのができてもいいから子供の思うとおりにしてやればいいのに。
ついでに、お母さんたちも日曜ごとにある1日体験教室に行けばいいのに。すごく楽しいから。

ちなみに今日は窯に入れるところまでで、完成品は一月後に送られてくる。楽しみ。

しかし、クラフトパークってどうしてあんなに不便なところにあるんだろう!
バスの本数もほとんどないし、最寄りの地下鉄の駅まで1.3㎞あるよ。これでもっと便利だったら絶対機織り教室に申し込むのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

連休にしたいこと

自分用のPCを買って独立するはずの長女がなかなかどれを買うか決断できないままPCゲームにはまり込んでいるのでPCが空かないこと空かないこと。いい若い者がそれでいいのか!

5連休のようで、1日は長女二女は学校だったのであまり休みっぽくない。あ、でも長男が帰ってきたのは長期休みならでは、かな。彼はいつも散髪と酒と肉の補充に帰ってきている感じだ。

連休を機会に娘達をつれての外出の野望はあったけれど、5日に三女をこどもクラフト体験につれていくほかは家にいることになりそう。とりあえず美術館の目録や二女のデザイン関連の参考図書を収納する専用本棚を購入して、おもちゃ棚とその中身を処分するjことと、衣類の整理をしなくては。これまで衣類ノートを書いていたけれど、時間がかかるので、デジカメで撮ってアルバムっぽくしてみようかな?ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »