« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月 5日 (木)

幻肢痛のような

ばーちゃん(夫の祖母)はデイケアに行くとき、いつも火の始末をものすごく気にしている。
施設の車で門まで迎えに来てもらったとき、離れから車に向かっていたはずが
「もっぺん火ぃ見てこんとあかん」とシルバーカーをUターンさせてしまい、
「ちゃんと私が見ておきますから!大丈夫ですから!」と私が必死で止めてもう一度前に進ませる…というようなことをほぼ毎回、しかも短い道のりで複数回繰り返すことになる。

まあ、確かに火は恐いわけだが。

その割にはコンロの火はすぐに忘れるようで、鍋を次々ダメにする。こっちの台所から勝手に持っていった鍋も同様だ。
昨夏からもう自分ではほとんど調理しなくなっていた上、この夏のある朝、食パンを「自分で焼く」といって持って行ったので、おかしいなトースターあったっけ…と見に行けばガスコンロの直火であぶろうとしている!ということがあったので、先月離れのガスコンロを廃止した。
コンロのあった場所には電子レンジを置いて、あたためだけはできるようにしてある。
あと、電気ポットがあるのでとりあえずお湯はある。
これですべて解決、とその時は思った。

しかし、コンロを廃止して一ヶ月近くになるが、デイケアの度の儀式は全く変わらない。
もう火元はないのに、毎度毎度「火ぃ見てこんとあかん」を複数繰り返す。
施設の車に乗り込むときも「頼むからもういっぺんだけ火元確認しといて」と叫ぶ。

もうない火元が気になって仕方がないのは、幻肢痛のようなものなんだろうか。
夫に言わせると、私が嫌がっているのが嬉しくてやっているだけ、なんだそうだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

今年のタマネギ

今年のタマネギが終わった。

タマネギは5月に収穫したものを、壁際につるしておいて、だいたい2月ぐらいまでで使い切るのがパターン。終盤になると芽が出てしまって、可食部分がかなり少なくなってしまい、調理に苦労する。

今年は、いつもと肥料の配合を替えたらしく、新タマネギの頃生食すると本当に美味しかった。
しかしこの肥料配分はどうやら貯蔵には向いていなかったらしい。ものすこく腐りやすかったのだ。
毎年3か月あまりタマネギを購入しなくてはならない期間があるのは惜しいと、例年より多めに栽培したというのに、こんなに早く全部無くなったのはほとんど腐らせてしまったからなのだ。

とくにこの夏は雨が多かったせいか、ゴミの日の前になると吊したタマネギの中から腐ったものを選別しなければならない事が続いた。少しサボるとすぐにどんどん悲惨なことになる。ゴキブリは寄ってくるわハエは発生するわ、もちろん悪臭は立ちこめるわ。

9月になって雨の降らない日々が続いても、事態は思ったほど改善しなかった。相変わらずタマネギは次々腐り、一見無事だったものも切ってみると真ん中がダメになっていたりなぜか外から4枚目から6枚目の鱗片だけ傷んでいたりした。次第に料理にタマネギを使うことを躊躇するようになってきた。

結局、いったいどのくらいの割合を使わないままゴミ箱に捨てることになったのだろう。

とにかく、もう全部終わった。5月までタマネギを購入しなくてはならないのは残念だけれど、虫と悪臭との戦いはこれで一段落と願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »