« 驚きの錬金術 | トップページ | 本体はまだ »

2009年2月12日 (木)

実用性ありの確率3パーセントぐらい

刺繍とかレース編みが好きでも、作ったものはバザーに出す以外ほとんど使い道がない。できあがりを家族に見せても

「で、これは何に使うの?」「…」と、それは聞かないお約束になっている。

P2120024 そんな中、昨日は珍しく実用本位の刺繍を。

三女愛用のデニムスカート(お下がりのそのまたお下がりの年代物)、何かに引っかけて小さな穴が2つ空いてしまったので、小花刺繍を散らしてごまかしてみた。残り物の刺繍糸(6本どり刺繍糸の1本だけ残っているようなものを小袋に残してある、使う機会があるか疑問だけれど捨てられないもの)で図案もナシの行き当たりばったりだけど、わりと可愛くできたし、全然実用性のない趣味ではないと家族にアピールできたので嬉しい。(…それにしてもすごくわかりづらい写真だ)

|

« 驚きの錬金術 | トップページ | 本体はまだ »

コメント

o(*^▽^*)oこんにちわ
 可愛くリフォームできましたね。
ちゃん太さんは器用で羨ましいです

投稿: さしみのつま | 2009年2月13日 (金) 22:03

きゃー褒められちゃったshine
ありがとうございます。
なんせ年代物のスカートで、縫い糸もほつれているし色もすっかり抜けている(けれど着る本人はそこが気に入っているらしい)ので、予算ゼロのリフォームとなったのでした。普段あまり使わないようなステッチが試せて楽しかったです。

投稿: ちゃん太 | 2009年2月14日 (土) 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/44034632

この記事へのトラックバック一覧です: 実用性ありの確率3パーセントぐらい:

« 驚きの錬金術 | トップページ | 本体はまだ »