« イヤな判断基準 | トップページ | 村人生活はじめました »

2008年12月 9日 (火)

子ども見守り隊

昨日は子ども見守り隊として下校時刻(低学年と高学年2回)から30分間、通学路に立つ。今日は本当は老人会の当番だけど、義母体調不良のため急遽代理で。

小学生、とくに低学年は面白い。
男の子だけでなくて女の子も、一段高くなっている場所にはとりあえず登るし、ブロック塀のすかし部分はとりあえず覗いているし、歩道のコーンは飛び越えている。
息子が小学生の頃、ヤツの行動基準は「フェンスも塀も壁もとりあえずよじ登る」だ、と呆れていたが、あの年頃全員に共通することだったのかとあらためて感心。

で、今日も子ども見守り隊。今日の当番は婦人会。(私は本当は先週だったのだけれど、生活団のお手伝いがあったので交代してもらい、今日になった。)

ちょうど下校時刻の頃から雨が降り始めたせいか、出足が遅いというか、待っていても誰も帰ってこない。
そのうち親子で帰ってくる人たちが何組かあって、そのあと小雨だからいいか!という感じで傘もささず、しかも急ぎ足にもなっていない子供達が通る。

そういえば雨が降ったからと言って傘を持って学校に迎えに行くなんてこと全然したことないや。
心配だったら朝出る時傘を持っていく、忘れて濡れても自分の責任、というわけだけれど、やっぱりちょっとは「傘持ってお迎え」ぐらいのことしてやった方が良かったんだろうか。今更だからたぶんもうしないけれど。まあ、孫の時にでも考えるか。

|

« イヤな判断基準 | トップページ | 村人生活はじめました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/43405954

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども見守り隊:

« イヤな判断基準 | トップページ | 村人生活はじめました »