« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

おせちメモ

おせち・作ったもの
伊達巻き(エビをすり身にして入れる。砂糖の量に毎年悶絶する)
きんとん・黒豆・ごまめ・棒だら・紅白柿なます・叩きごぼう・酢ばす・くわい・煮しめ(しいたけ・梅にんじん・筍・海老芋・高野豆腐)・貝柱つけやき・ぶりの照り焼き・いか松笠焼き・五目煮豆・数の子・砧巻・ごぼうの牛肉巻

おせち・買った物
昆布巻き・かまぼこ

砧巻(キュウリとカニかまぼこをかつらむきした大根で巻いて甘酢に漬ける)は久しぶりに作ったけれど、色合いの美しさとさっぱり味でなかなかのヒット。

黒豆を煮すぎて半分ぐらい皮がむけてしまったので、水に浸けるところからやり直し。
そんなこんなですっかり仕上がりが遅くなってしまった。
失敗した黒豆は干しぶどうを入れてぶどう豆にした。ついでに大豆で五目煮豆も作ったものだから、今回のおせちは豆だらけだ。
あと、お肉屋さんの注文を間違えて、材料の一部が夜まで届かなかったので、お肉系はかなりカットした。ま、たまにはいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

今年買ってよかったベスト1

今年買ってよかったものの一位はやっぱりカプチーノメーカーかな?
こんなに毎日毎日使うことになるとは、ちょっと予想外。
時々上手く泡立たなかったりするのも、なんだか可愛いと感じてしまう。
もちろんふわふわの泡ができるとものすごく嬉しい。
コーヒーを立てるのが作業でなくて楽しみになる、そんな感じ。
正直見た目の可愛さに惹かれたのたけれど、買ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

日々スキル向上中

お餅つきを先に済ませてしまうとなんだか調子が狂う。でも、家の中で片付いていない場所多すぎ。

毎晩寝る前にしなくてはいけない(ような気がする)事を書き出して、それぞれの仕事についてどの子どもをお手伝いに指名するかを考えている。実際は自分だけでした方が手っ取り早いことも多々あるけれども、それでも子供達が成長するにつれてお手伝いスキルが向上し、今年など手伝いの手がたくさんある幸いを噛みしめることに。

とくに二女ぱん太は本当に役に立ってくれてありがたい。長男も庭仕事方面でなかなかのスキルを発揮し、剪定など任せられるのが頼もしい。

ありがたやありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

早めのお餅つき

お餅つき。例年30日についているけれど、今年はもっと年末に余裕を持とうということでこの日になった。

実は11月末の報恩講の時に少しだけお餅をついたので、去年よりかなり搗く量を減らして、餅米8升分。でも一日仕事になってしまうのは仕方がないかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

金婚式ランチはホテルで

義父母の金婚式記念ランチ。50年ってすごいよねえ。

ホテルは美術品の宝庫だな。リトグラフとかオブジェとか。建物のいろんなところに見所があってとても楽しい。ライト一つ家具一つとっても一般家庭のそれとは大きく違うわけだし、ちょうどブライダル関係のモデルルームみたいなのが作ってあって、そこもワイワイと見学してきてしまった。とにかく楽しく鑑賞三昧しましたよ。

それにしても、義弟一家と一緒に食べて改めて実感する、我が家の食卓の会話におけるネタ率の高さ。びっくりされたと言うより引かれてしまった気もするけれど、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

息子帰宅

息子帰宅。がんばって自炊しているようだ。

圧力鍋が欲しいと言ったので、じゃあ誕生日にプレゼントしようかというとえらく悩んでいた。外見はすっかりおっさんだけど、やっぱりコドモだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

近来の「いつものあれ」

サイトに「いつものあれ」を載せていた頃にはなかった、うちの定番お菓子。

まずは阿闍梨餅。あの食感が病みつき。餡も美味しい。

ロイズのチョコレート、「プラフィールショコラ(キャラメル)」。私はコーヒー味のお菓子が好きなのだけれど、このシリーズは、コーヒー味よりキャラメル味が断然オススメ。

粟玄の「和洋」。コーヒーの風味、アーモンドの香ばしさ、やみつきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

タルトタタン

今年はこの日がお家のクリスマス会。

ケーキは実家からの差し入れのユーハイムのケーキと、自作のタルトタタン。タルトタタンは前回失敗したけれど、今度はうまくいった!もうちょっとパイ部分を厚くしてもよかったかな。とにかくこれで要領をつかんだので、次回からはもっと上手く作れると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

年賀状用の図案

年賀状用の図案をちゃんと作ろうと思ったら去年まで使っていたお絵かきソフトがPCから削除されていた。ペンタブを新調した時おまけについていたソフトで事足りるので古いのは廃止したらしい。うちのPC、5年物なんでもうHDD容量がカツカツで、要らないソフトはどんどん捨てられる事になっているのだ。

でも新しいソフトはなんだか私には高度すぎて使えそうにない。四苦八苦のあげく、結局ペイントでちまちま作ってしまったよ。まあ、たいした図案じゃないからこそできることだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

クリスマス会@子ども会

子ども会のクリスマス会はなぜかカラオケ。
昼間のカラオケって60代70代のグループがたくさん来てらして感心した。っていうか畳敷きの部屋もあるんだ!

美しいボーイソプラノの「千の風にのって」とか、ゲームやアニメの歌とか、子どもの歌声はいいな。
保護者も歌って、私は例によって「みかんのうた」と「ファミレスボンバー」を。
どさくさに紛れてネオでロマンスな歌も歌ってしまったのは内緒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

近頃我が家に流行るもの

娘たちが「豆しば」にはまっている。
ので、家の中のあちこちに豆しばが。
無限枝豆のストラップとかミニぬいぐるみとか。
私も「とら豆しば」がお気に入りの子のために、とら豆の甘煮を作ってみたり。
(おせちが近いからこの時季に豆の甘煮はどうかと内心思いつつ。)
確かに可愛いけれど、「ゼリービーンズしば」は無理がありすぎる。

そして最近新たなはまりものが。その名も「シロモチ君」。
やべーかわいいーそしてなにげに肉食。
ブログも楽しいし、地元でご活躍の様子はなごむ。
こういうブログって市の担当職員さんが半分趣味で書いてらっしゃるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

冬の陽だまりのような

庭の日当たりのいい場所に植えてあるスミレ(野生種)が2輪咲いた。
義父がスーパーの籠と同じサイズの籠に山盛りのレモンを収穫してきた。

何でもないようなささやかな事がなんだかとっても嬉しいのは、もちろんくだんのゲームを連想するからさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

開いててよかった

朝まだ日が昇る前、台所でお湯を沸かそうとすると全然点火できず、ピーピー鳴るばかり。
青いランプが点灯していて、そういえばここ数日このランプ点滅してたっけ、と思い出す。

はい、電池切れでした。警告ランプついててもナチュラルに無視していたよ。で、こういうあまり嬉しくないタイミングで上手に切れてしまうのね。

ああ、24時間営業のコンビニが自転車で3分のところにあってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

年末って感じ

やっと換気扇掃除終了!これさえおわっとけば、安心して年末に突入できる。

それにしても景気のいいBGMは作業が進む。ニヤニヤして作業しているので、傍目からは相当不気味だ、と家族は言うけれど、楽しい方がいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

反省しきり

何度も確認したはずなのに、間違って三女の懇談に行ってしまう。

本当は明日だったので、「出直します」と言ったけれど、飛び入りで入れてくれて先生ありがとう。

4年生は友達関係が難しくなる時期で、長女の時はそれが卒業までこじれ続けていたけれど、三女の方が人間関係調整スキルが高いので心配していないと言ったら、近頃はお友達とトラブルがあると親の方が過剰反応してしまって、それが子どものプレッシャーになってしまい、自然とまとまる話がこじれまくる事が多いとぽろり。いやあ、いろいろ大変だなあ。先生がんばってください。

ちなみに長女の時こじれまくったのは、先生がうちの長女を嫌いで(懇談の時それとなく誘導したら「嫌い」と明言してくれた。先生迂闊すぎますよ)何があってもうちの子が加害者扱いだったから。まあ、親から見てもエキセントリックなところのある子だったけれど、ひどい話だわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

読むスピード<忘れるスピード

よし、借りていた本全部読み終わった!と思った日曜日。
でも翌日は図書館休館日だった。昔は本館だけ休館日が違っていたのにいつの間にか全部同じになっていたのね。

というわけで今度こそ図書館へ。
長らく借りていた本を返し、テキトーに目についた本を借りまくる。

発行日から数年経っているのにもしかして誰も読んでいないんじゃ、という形跡(出版社の広告がはさんであったり、しおりひもが出荷時のままっぽいのとか)がある本を探して借りるのが趣味、というわけではないのだけど、よくそういうのに出会ってしまう。で、手にとって貰えない本がかわいそうとか思って借りてきてしまう。
大抵それなりに楽しく読めるのだけれど、ひと月後に内容を覚えているかというと…最近では一週間後も危ういな。

ちなみに今回返却した本。面白かった順。

バゴンボの嗅ぎタバコ入れ カート・ヴォネガット ハヤカワ文庫SF
日本多神教の風土 久保田展弘 PHP新書
かわいいタッチングレース 藤重すみ 日本ヴォーグ社

大衆教育社会のゆくえ 学歴主義と平等神話の戦後史 苅谷剛彦 中公新書
お姫様とジェンダー 若桑みどり ちくま新書
社会的ひきこもり 終わらない思春期 斉藤環 PHP新書
若者と現代宗教―失われた座標軸 ちくま新書
電脳遊戯の少年少女たち 西村清和 講談社現代新書

やっぱり何番目か以降になると内容が思い出せない。ダメじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

なんだか違和感

二女ぱん太の三者懇談だった。
正直まだ担任の名前が覚えられない。教科は知っているけど。

彼女の進路希望は早めにがっちり決まっていたから「私すごく楽です~」と先生は微笑む。
「前期で合格して卒業式関係の雑用いっぱい手伝ってね~っていうか本当アテにしてるのよ~」

なんかこう、もやもやしてしまうのは私の心が狭いのだろうか。

今だって絵を描く関連の仕事をいっぱい回してくれている。体育祭のクラスの旗など、やりたいって言う生徒が他にいたのに先生が指名してしまうし。卒業アルバムの挿絵も「選ぶからいろいろ描いて持ってきて」だし。

受験生にものすごく気軽に頼んでくる無神経さに無自覚なのがイライラする原因なのだと思う。アルバムの挿絵、1枚あたり10数時間かかっているのを先生はわかっているのだろうか?PCで描くから何かのコマンドを打ち込めばあっという間にできるとでも思っているのではないかと、親としては少し疑っているのだ。

まあ本人は「おかげでソフトの使い方新しくいろいろ覚えた!」って言っているのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

年賀状着手

今年もいろいろ作る。と言っても、実家の分2種と夫の分は素材集の素材を組み合わせるだけだし、義父母の分は義母が作った芋版の年賀状をスキャンして大量生産するので、少しも難しい作業ではない。自分の分は、年に一度だけ絵を描くソフトを使うものだから、たいした画像でもないのにやたらと時間ばかりかかる。もうちょっとソフトが使いこなせるように、受験終わったら二女に特訓して貰おうか。

とりあえず実家の分2種類と、夫の分は裏面のみ作り終わった。。
義父母の分も何とか作成。年代物のスキャナ久しぶりに使ったら、ソフト同志の連携が妙なことになっていて読み込めず取り込めず悩む。とりあえず解決したけれど、なんで解決できたのかわからないのが恐ろしい。

で、義父母の分だけは宛名も全部完了。プリンタの設定、「速い」にしたはずなのにものすごく時間がかかった。去年はもっとサクサク片付いたような気がするのだけど、想い出が美化されているだけ?

と、今日は一日中PCとプリンタのそばで過ごすことになってしまうのだった。
年賀状はこの調子だと今週いっぱいかかるかも。っていうか自分の分未完成のままだよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

来年は本気出す

今年は春に取り憑かれたように手芸キットを増やしてしまって、もちろんほとんど消化できていない。
それに加えて、お人形(球体関節人形愛)の服を作ろうと材料だけは着々と増えている。
謎のタッティングレースも密かに増える。

人形服とか袋物はともかく、手芸品って実用性あんまりないよね。刺し子の花ふきんとか大好きだし、使ってもいるけれど、正直セルロースクロスの実用性には負ける。ドイリーのたぐいもなあ。手作りのカフェマットとかオークションで見るけれど、どう使っているのだろう?コースターとかランチョンマットとか、世間では日常にとけ込んでいるのかな?

でも作るのは楽しい。この役にたたなさがいいのだという気もする。
とにかく来年こそは在庫を減らす!絶対減らす!本気で減らす!

…その前に年末を乗り切らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

再会希望

返却しなくてはいけない図書館の本、まだ読み切れていない。がんばろう。

そういえば、以前に読んだ本をもう一度借りたいと思うのだけれど、残念(記憶力が)なことに、タイトルも著者も覚えていない。

図書館の人に、以前借りた本をもう一度借りたいけれど、タイトルがわからないので、そちらに記録はありますか?と聞いたら、返却時にデータが消えるのでがんばって思い出さないと無理、といわれた。植物関連のエッセイだったとしかわからない。ううむ。

再会したいと思っているその本は、内容も面白かったけれど、各章のタイトルを著者の奥様がみごとな字で書いてらして、しかもカットを描いているのは著者のお嬢さん、というほのぼのっぷりが実に素晴らしかったのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

本当はひとこと言いたいけれど

子ども会のクリスマスについて話し合い。

人数が少ない(5軒)もので、どんな案件も比較的すぐに決まるのだけれど、逆に誰かひとりかふたりだけいない状態で決めにくく、ちょっとしたことでも集まって相談になるのは想定外だった。

少し精神的に不安定なお母さんがいて、なんとなくその人の意見がいつも通ってしまう傾向が。まあ、とくに反対することもないし、基本的にものすごく真面目な人なので、困ったことは起こっていないけれど、ちょっと変な感じはする。

で、会の事務作業はいいとして、雑談の中で

「私には夢があるの!それは、我が子を○○にすること」

なんて言っているのをきくと、

「夢は自分だけで完結する方がいいんじゃない?子ども巻き込んだらお互い不満が溜まると思う」と言いたくてたまらない。

でもものすごく繊細なその人にどうやってそれを伝えればいいのかわからない。その夢をもつことでその人が前向きになれるのなら良しとすべきかも、という気もする。でもやっぱりいろいろ心配。親もいい人なら子どももいい子なだけに。ううう、もどかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

村人生活はじめました

娘たちが遊んでいる「どうぶつの森(Wii版)」、あとひとり分空きがあるというので、私の分のキャラクターを作ってもらった。

いつも娘たちがするのを見ていたけれど、いざやってみると全然動けない。なにより自分のコントローラーさばきの下手さに絶望した!不慣れとかそういうレベルじゃないよ!

とりあえずお正月とかにじっくり娘たちに楽しみ方を教えて貰うことにして、当分は地味に採集活動に精出して借金返済に努めることにする。

そうそう、長女のキャラクターの家に遊びに行ったら、なんか乙女な感じの部屋に甲冑と日本刀が置いてあったよ。さすがだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

子ども見守り隊

昨日は子ども見守り隊として下校時刻(低学年と高学年2回)から30分間、通学路に立つ。今日は本当は老人会の当番だけど、義母体調不良のため急遽代理で。

小学生、とくに低学年は面白い。
男の子だけでなくて女の子も、一段高くなっている場所にはとりあえず登るし、ブロック塀のすかし部分はとりあえず覗いているし、歩道のコーンは飛び越えている。
息子が小学生の頃、ヤツの行動基準は「フェンスも塀も壁もとりあえずよじ登る」だ、と呆れていたが、あの年頃全員に共通することだったのかとあらためて感心。

で、今日も子ども見守り隊。今日の当番は婦人会。(私は本当は先週だったのだけれど、生活団のお手伝いがあったので交代してもらい、今日になった。)

ちょうど下校時刻の頃から雨が降り始めたせいか、出足が遅いというか、待っていても誰も帰ってこない。
そのうち親子で帰ってくる人たちが何組かあって、そのあと小雨だからいいか!という感じで傘もささず、しかも急ぎ足にもなっていない子供達が通る。

そういえば雨が降ったからと言って傘を持って学校に迎えに行くなんてこと全然したことないや。
心配だったら朝出る時傘を持っていく、忘れて濡れても自分の責任、というわけだけれど、やっぱりちょっとは「傘持ってお迎え」ぐらいのことしてやった方が良かったんだろうか。今更だからたぶんもうしないけれど。まあ、孫の時にでも考えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

イヤな判断基準

ばーちゃん(夫の祖母)96歳は、今年から週2回デイケアに出かけている。今日が出かける日かどうかはものすごく重要な問題であるらしく、毎朝毎朝「今日は何曜?私、今日デイケアに行きますんか?」を聞きに来る。

その聞き方が尋常でなくて、まず私のところで1回聞き、「わかりました」と返事してそのままシルバーカーを押して義父母のところに直行、同じ質問を繰り返したあと、また私に同じ質問をして…というのをだいたい6セットほど毎朝繰り返す。

同じ質問をするのに抵抗があるのかどうか、毎回違った前置きをするのも忘れない。「ちょっと聞きますねんけど」「おかしな事尋ねますけど」「変なおばあさんやけど」「面白いこと言いに来るけど」etc.少なくとも面白いことなど何もなく、イライラが募るばかりだ。

確かに少し認知症がある。夏以降やや進行したという実感もある。でも、恐ろしいのはわざと嫌がらせをしている可能性も否めないところだ。ずいぶん昔から転んだふりとか調子の悪いふりが得意な人だったので。

近頃はなぜか本当にデイケアに行く日には、ギリギリまで寝坊してなかなか支度をしない事が多くなってきた。そして行かない日は、暗いうちから起き出して、この寒いのに、裏庭と庭を横切って家の中をうろうろするのだ。夏、朝5時台によその家に電話するので、結局彼女の電話を廃止したのも記憶に新しい。

子供達によると、私が何度目で声を大きくするかでその日の機嫌がはかれるのだという。イヤな判断基準だよな、まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

やっぱりパス

バーゲンに行く予定だったけれど、寒さでパス。買いたいものはいくつかあったのだけれど、これからしばらく物要りだし、緊急性のない物は買わない方向で、と、もっともらしい理由をつけるけれど、要するに寒さに勝てないと。

で、家にいて何をしているかというととくに何も。あ、昼食は夫のおごりで外食した。すき焼きをおごるよ!とせっかく言ってくれたのに、満席で諦めて結局ラーメン。でもあまり期待なかった割には結構おいしかった。

しかしそのしばしの外出が具合悪かったらしく、夕方から喉が痛み手足に力が入らない感じになってきたので、久々に葛根湯のお世話になる。受験生二人抱えて、寝込むわけにはいかないものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

初雪とクリスマス礼拝

PTAの仕事で長女ぽん太の高校へ。ただでさえ寒い日に加え、高校は丘の上にあるのでたどり着いた頃にはちらほらと雪が舞っていた。干してきた洗濯物がちょっと心配になった。(帰宅後聞いてみたら、家の辺りでは降らなかったようだ。)3年間してきた仕事もあと2回ぐらいで終わりと思うと感慨深い。

作業のあとは皆で昼食後、PTA主催のクリスマス礼拝の準備。クリスマスの仕事は5回目だけれど、今回が一番働いた気がしなかった。作業そのものが少ないし、さすがに5度目で慣れてきているし。

クリスマス礼拝は、牧師さまのお話が「死」をテーマにしたものだったのであまりクリスマスっぽくないと違和感がぬぐえなかった。
恒例のコンサートはヴィオラとコーラス。
ヴィオラは音が高すぎずかといって低すぎないので、にこにこ微笑んで静かに座っている人のようだ、なんて思う。選曲も珍しい曲が多く、しっとりとした時間が過ごせたし、気持ちよくクリスマスソングを歌えたし、暮れの忙しい時にこんな時間があるありがたさをひしひし感じたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

思い出せない

記憶力の低下が顕著なのは今に始まった話ではないけれど、情けないのは確か。

午前中はひどい雷雨だったのでPCの電源を切り、捜し物を兼ねて片付けに精を出す。

台所で探さねばならないのは10日ほど前に買った胡椒。もうすぐ切れると思って買っておいたはずなのに、いざ新しいのを開封するときが来たらどこにもない。どこにしまいこんだのか全く思い出せない。かといってすでに買ってあるのがわかっている以上、更に買うのもちょっと抵抗がある。でも実際問題胡椒無しで調理するのは丸一日が限界という感じだ。

戸棚を片付けたら、目的のものとは違う胡椒が出てきた。いつ買ったのか、これも思い出せない。賞味期限的に問題がなかったのでとりあえずこっちを使う。

と、胡椒については表面上解決したが、引き続き捜査が必要なのは確か。しかし次に緊急度が高いのは10月はじめに買った来年の年賀状のデザインデータ集だ。おかしい、PCのそばに置いてあったはずなのに見つからない。再来週には年賀状を作り始めるつもりなのに。別になくてもできるけれど、せっかく買ったのに使わないのも悔しいし。いったいどこに紛れ込んでいるのだろう。ああ、何も思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

同志をゲット

子ども会の母親が集まって、近場でランチ。徒歩でも10分かからないタイ料理店で、私は2回目だっけ3回目だっけ…

お母さんたちのひとりが常連で、前もって予算を言ってお願いしてくれていた。

予算1500円でトムヤムクンと春巻きとチャーハンとカレー(グリーン&イエロー)。デザートはランブータン。満足満足。

私の大好きなグリーンカレー(辛みのあとに来るココナツの甘みがたまらない)は初めての人が多く、皆はじめはイエローの方だけ食べるので、「絶対美味しいから!とにかく一口!」と勧めまくる。結果、全員「次回来るときはグリーンカレーをメインにがっつり食べて、追加で他のものを」との結論に。

せっかく近いのにひとりでは食べに行きづらかったのだけれど、これで一緒にグリーンカレーを食べに行く同志を確保できた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

初冬の庭

暖かい日が続くと、もう冬の初めだと言うことを忘れそうになり、ついつい庭のスミレが咲いていないか探してしまったりする。

Pc030015_2 Pc030016 Pc030017 実際には、この季節の主役の木立コスモスが終わりかけだったり、ツバキががんばっていたり、 普通のコスモスがやたら自己主張していたり。

そして、冬の庭を彩るのは、やっぱりパンジーなのだった。

Pc030018_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

謎な選曲基準

家事をしながら鼻歌を歌っていたりするのだけれど、その選曲基準が自分でもほんとうに謎だ。

自分が歌っているのに気がついて「なんでこの曲!?」と思ったりする。たいていは、今ipodに入っていて繰り返し聴いている曲では全然なくて、ふた昔以上前に覚えてもう何年も聴いた覚えも歌った覚えもない曲だからだ。

というわけで本日の鼻歌ヘビロテ曲はアニメ「家なき子」のテーマと、吉田拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」。いい天気の日なのにね。熱唱していたら義母に「あなた案外高い声出るのねー」と言われたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

縁側のよろこび

天気さえ良ければ、南向きの縁側はサンルームか温室かというほどにあたたかく、我が家における冬のパラダイスだと断言できる。惜しむらくはそのあたたかさが日が落ちると同時に消え失せることだが。

ここ数日天気が良く、どうせならと縁側で片付けものをしているが、場合によっては暑かったりするから日光っていうのはすごい。軽くて設置が楽な太陽電池があったら導入するべきかも知れない。

でも、我が家は屋根がかーなーりおんぼろな上、家を建てた当時(90年以上前)今では考えられないほど羽振りが良かったらしく、調子に乗って屋根瓦を特別製のイレギュラーなサイズにしてしまったので、葺き替えるには相当な予算が必要だ。もちろんそんなものは到底無いため、屋根に重いものを載せるのは恐ろしいのでパスしているのだった。

年末最大行事のひとつ、家庭報恩講も、バザーの出品も終わったので、今月はがんばってブログを書いて文章を書くリハビリを目指したいけれど、三日坊主かな?

…とりあえず11/8付と11/11付を足しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »