« 珍しく観劇 | トップページ | 末っ子サービスday »

2008年6月 6日 (金)

何が通ったのか

先日愚痴った婦人会の行事は成功裡に終わり、続きを希望する会員の声に押され、それでもお金は出せないと言う会長と話し合って臨時総会を招集することになった。婦人会の行事として会費を使っていいかどうかの可否を問うものだ。
臨時総会の案内チラシは私が作成したのだが、委任状の委任先をこっそり会長でなくて班長にするなどの小細工も誰にも指摘されず、案内状ってあんまりちゃんと見ていないのだなあと実感。

で、会議。最初に私たち3人が招集の経緯と趣旨を説明するが、そこから先は全然会議じゃなくて、言いたい人が延々言っているだけで、あまりに脱線すると私たち3人が修正を入れるという感じで進む。

そのうちなぜか会費値上げの話になってきたので、「あの3人のせいで会費が上がった」とこのあとずっと言われるのはイヤだから、「そこまでしてお金を出して欲しいわけではない」、とこちらの意見を言った。しかし会費値上げの話は続き、「そうじゃなくて」のあと3人で「もう私たちこの件から手を引く?」なんてこそこそ相談している3分弱の間に、なぜかそれまで強硬に反対していた人たちの論調ががらりと変わって、最初からお金は出すつもりだったと言う話になっている。

で、お金は出してあげるからあなたたちがんばってね、と言う結論の元お開きになったのだけれど、なんだか全然納得できない気分の私たちなのだった。一体何があるとあの短い間に話がすっかりひっくり返るんだ。

沈黙が流れるとき「天使が通る」と言うけれど、あのときあの会議の場を一体何が横切ったのだろう。

帰宅後夫に報告すると、「名前だけ参加のはずの婦人会で仕事もらって来るとは!オマエ雑用押しつけられすぎ」と叱られてしまったのはまた別のお話。

|

« 珍しく観劇 | トップページ | 末っ子サービスday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/41443212

この記事へのトラックバック一覧です: 何が通ったのか:

« 珍しく観劇 | トップページ | 末っ子サービスday »