« 逃避行動 | トップページ | 一抹で終わらない不安 »

2007年11月26日 (月)

笑うしかない

家庭報恩講は土曜日の午後4時から、だった。だから土曜日は子供達にも家事をいっぱい手伝わすべく、前日から予定を立てていた。しかし当日、長女ぽん太がなかなか起きないので起こしに行く。

「もうすぐ9時、いつまで寝てる気」

えええっっと叫んだぽん太、がばりと起きて、いきなり笑いはじめる。それを聞いた私も唐突にぽん太は土曜日も学校があったことを思いだし、やっぱり笑えてきた。

二人でひたすら笑い続けるさまは端から見たらきっと不気味だっただろう。

結局、急いで着替えて学校に行ってもどうせ4時間目は自習だし、とそのままお休みで家事お手伝い要員に起用したのだけれど、「笑うしかない」状況ってこんな感じなんだなあとしみじみ思うのだった。

|

« 逃避行動 | トップページ | 一抹で終わらない不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/17194745

この記事へのトラックバック一覧です: 笑うしかない:

« 逃避行動 | トップページ | 一抹で終わらない不安 »