« 記録更新ならず | トップページ | いつものバザー出品物 »

2007年6月22日 (金)

一番乗り

17日の日曜日、長女ぽん太とそのクラスメートと3人で、国立国際美術館に「ベルギー王立美術館展」に行く。

会期の最後から2番目の日曜日なのできっとすごく混むと予想して、開場15分前から並んで待つ。途中「こちらの扉も開きますのでどうぞ」と誘導された方の扉が開場時間には先に開き、一番乗りで館内へ。でも切符をもたもたと買っていたので会場に一番乗りではなかったけれど。それでも先頭切ってエスカレーターに乗り込むのはちょっと気持ちがいい。

有名どころ多数の(ブリューゲル・ルーベンス・ヴァンダイク)前半、風俗画をいろいろ楽しみ象徴派を経て最後の方にお目当ての数枚が!娘の目当てのマグリットと、私の目当てのポール・デルヴォー。どちらもものすごく好きな作品だったので(光の帝国と夜汽車)嬉しくて嬉しくて。実はどんな絵が来ているのか全然下調べしていなかったのだけれど、ベルギーなんだからマグリットとデルヴォーは絶対あるはず、とだけ思って行ったので、ちゃんとあってよかったというか。マグリットの深い青はいいな、とか夜汽車の隅の女の子もそのうち目と胸のおっきいちょっと妖精じみた女性に成長するのだろうかとかいろいろ堪能する。

ミュージアムショップにベルギー王室御用達と銘打ったクッキーがあったのでお土産に購入。本当はレースが素敵だったのだけれどちょっと手が出ない。その後常設展を見て(おおぐま座がお気に入り)レストランの空席に滑り込み(ベルギーメニュー、サラダ以外は美味しかったけれど食器が少々デザイン倒れかも、と高校生達との結論)、迷っていたけれど思いきって友の会に入会し(今回の展覧会のチケット代を返してくれた)、次の目的地へ。

天保山の「アイスクリーム博覧会」にどうしても行きたいと、ぽん太のリクエストがあったのだ。会場限定アイスの長い列にそちらは早々に諦め、カップアイス甲子園と銘打たれたケースの中から5つほど購入して皆で寄ってたかって食べる。生チョコアイスがとても美味しかった。精進アイスはまあ美味しいが、一口二口ならよいけれど飽きる。っていうか甘くて具のないおからのようだと思い始めると止まらない。ほかの3点もそれなりに美味しくいただいた。

高校生達がまだ宿題が終わっていないからと結構早めに切り上げて帰宅。クラスでいつも3番以内だという成績優秀なお友達(何故こういう人がぽん太の友人にいるのか不思議)が、電車に乗ったら何の衒いもためらいもなく英単語の本を取り出して熱心に読んでいるのをみて、こういうところで差が出るのかと感心するのだった。

|

« 記録更新ならず | トップページ | いつものバザー出品物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/15519538

この記事へのトラックバック一覧です: 一番乗り:

« 記録更新ならず | トップページ | いつものバザー出品物 »