« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

いつものバザー出品物

例によってバザーの〆切直前に慌てる。作るのは例によってガーゼハンカチとベビー帽子。水色系とピンク系の2セット。で、他の人の作ったさらしのベビー肌着と、手編みのベストと組み合わせて「ベビーセット」として売る。

帽子の写真撮ってみた。写りが悪いのはもちろん腕のせい。ブリムは両面とも白だけど、本体の裏はバイヤステープと同じ生地。

070627_16130001 広げたらこんな感じで、使う時はボタンを留めて立体的に。070627_16110001

バックスタイルも。サイドがスリット状になって涼しいと思う。070627_16120001

ほかにクロスステッチのカードも作った。バザー(友愛セールと呼ぶ)本番は土曜日。売れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

一番乗り

17日の日曜日、長女ぽん太とそのクラスメートと3人で、国立国際美術館に「ベルギー王立美術館展」に行く。

会期の最後から2番目の日曜日なのできっとすごく混むと予想して、開場15分前から並んで待つ。途中「こちらの扉も開きますのでどうぞ」と誘導された方の扉が開場時間には先に開き、一番乗りで館内へ。でも切符をもたもたと買っていたので会場に一番乗りではなかったけれど。それでも先頭切ってエスカレーターに乗り込むのはちょっと気持ちがいい。

有名どころ多数の(ブリューゲル・ルーベンス・ヴァンダイク)前半、風俗画をいろいろ楽しみ象徴派を経て最後の方にお目当ての数枚が!娘の目当てのマグリットと、私の目当てのポール・デルヴォー。どちらもものすごく好きな作品だったので(光の帝国と夜汽車)嬉しくて嬉しくて。実はどんな絵が来ているのか全然下調べしていなかったのだけれど、ベルギーなんだからマグリットとデルヴォーは絶対あるはず、とだけ思って行ったので、ちゃんとあってよかったというか。マグリットの深い青はいいな、とか夜汽車の隅の女の子もそのうち目と胸のおっきいちょっと妖精じみた女性に成長するのだろうかとかいろいろ堪能する。

ミュージアムショップにベルギー王室御用達と銘打ったクッキーがあったのでお土産に購入。本当はレースが素敵だったのだけれどちょっと手が出ない。その後常設展を見て(おおぐま座がお気に入り)レストランの空席に滑り込み(ベルギーメニュー、サラダ以外は美味しかったけれど食器が少々デザイン倒れかも、と高校生達との結論)、迷っていたけれど思いきって友の会に入会し(今回の展覧会のチケット代を返してくれた)、次の目的地へ。

天保山の「アイスクリーム博覧会」にどうしても行きたいと、ぽん太のリクエストがあったのだ。会場限定アイスの長い列にそちらは早々に諦め、カップアイス甲子園と銘打たれたケースの中から5つほど購入して皆で寄ってたかって食べる。生チョコアイスがとても美味しかった。精進アイスはまあ美味しいが、一口二口ならよいけれど飽きる。っていうか甘くて具のないおからのようだと思い始めると止まらない。ほかの3点もそれなりに美味しくいただいた。

高校生達がまだ宿題が終わっていないからと結構早めに切り上げて帰宅。クラスでいつも3番以内だという成績優秀なお友達(何故こういう人がぽん太の友人にいるのか不思議)が、電車に乗ったら何の衒いもためらいもなく英単語の本を取り出して熱心に読んでいるのをみて、こういうところで差が出るのかと感心するのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

記録更新ならず

二女ぱん太(中2)の参観日だった。科目は理科で、電磁誘導の実験。参観する保護者延べ7名ほど。だいたい平均5分で退出。長時間居座ると風景にとけ込んでしまったのか、終了15分前には「もう先生帰ろう~」なんて大きな声で言う子がいたりして驚く。他人の目が気にならないのかなと思ったけれど、結局よその父兄など石ころのような存在なのだろう。

参観のあとは懇談。進路の話があるわけでなく、修学旅行等の宿泊を伴う行事の説明があるでなく、ただのクラス懇談だったせいか出席者2名。それもはじめは私しかいなくて、先生と「2者面談みたいですねー」「いやー、これまで一番少なかったのが私を入れて3人でしたから、記録更新かもしれませんねー」などと和やかに談笑することに。10分あまりしてもう一名(参観には来ていなかったお母さん。「参観に来たら家出してやる!」と宣言されたので懇談だけ来たのだそうだ)が加わって、「タイ記録で済んでよかった~」と皆で喜び合ったのだった。

…よそのもうちょっと教育熱心な地域とかではもうちょっとマシなのかなあ、参観と懇談の出席率。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

不調期間の終焉(希望)

5月以来入れ替わり立ち替わり調子悪くて寝てる子が一名以上いる状態だったのだけれど、昨日からやっと全員学校に行った!5月の半分以上を休み6月は今日で学校に行くのが3回目な三女ぴー太は、医者に行ってもタチの悪い風邪といわれるだけだったけど、それにしては微熱期間長すぎ。またぶり返しそうな気もするけれど、これで収まりますように。

長女ぽん太(高2)も週1ペースで熱を出していて、夫は「受験ノイローゼとかかも」と心配して、休みの日に「今日は一切勉強するな!」なんて言いつけたりしているのだけれど、本人は「やっておくべき宿題や予習をしていないって事の方がよっぽどストレスになるのに父者には解ってもらえない」と完全に思惑がすれ違うのだった。難しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »