« 贅沢な味 | トップページ | ぶらんこ »

2007年5月21日 (月)

たぶん2度とない

夫の仕事は基本的に「正直忙しくはない、むしろ暇だが全然休めない」。それで休めるめどが立つと一泊のミニ旅行。だいたい連休明けと10月半ばと1月半ばのうちの2回、かな。どれもすぐ予約がとれて安い時期なのが嬉しい。留守番の子供が4人いても躊躇わず出かけられるのが大家族のありがたいところ。

で、先週白浜に行ってきた。

ちょうど途中に夫の学生時代の恩師(部活動の監督)が住んでいらっしゃるので顔を出す。ずっと東京在住だった監督は数年前肺の病気療養のためにお嬢さんの嫁ぎ先に引っ越していらしたので、健康状態を案じていたのだけれど、驚くほど元気だった。空気がきれいって健康の根幹なのね。先月には娘夫婦の運転する車で9時間かけて上京し、40人以上の人と会ってきたそうな。それ、健康な人でも80代半ばではきついと思う。で、お話の中で監督の本業が書家と知ってびっくり。何故か夫も今まで知らなかったそうだ。不肖の弟子でごめんなさい。

で、夕食1時間前に宿泊先に着いてびっくり。前2回とは明らかに様子が違う。なんと宿泊客が私たちのみ。っていうか貸し切り。こんな贅沢、多分もう一生ない。

お食事も相変わらず美味しく、しかも量がちょっと増えていたし、お部屋は広いし(夫的にポイント高いのは大型TV)、大浴場も当然貸し切りだし、いやもう堪能堪能。朝食に洋食が選べなくなっていたのだけは残念だったけれど、なんか執事とメイドとコックのいるお屋敷の住人気分を味わってきた。

実はPTAのHP用の原稿(例の200字要約)がギリギリ出来ていなかったのだけれど、早朝の大浴場(温泉掛け流し)で半身浴しながらなんとか書き上げて、部屋に帰って携帯で送る、なんて優雅なのかなんなのかよく解らん事もしてしまった。でもちょっと湯あたりした気が。

で、浮かれすぎて帰宅したら子供達の風邪を貰ってしまったようだ。現在声が出なくて微熱に悩まされ中。「ってことは、アンカーは俺か?」と夫もおびえているのだった。

|

« 贅沢な味 | トップページ | ぶらんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/15152399

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん2度とない:

« 贅沢な味 | トップページ | ぶらんこ »