« くけ台とかけはり | トップページ | すごい宿題 »

2006年12月13日 (水)

アドベントな日々

ようやっとクリスマスツリーを出した。アドベントカレンダーも新しいのを買って、毎朝ぴー太が楽しく窓を開けている。この日曜日はよく行っている教会で子どもクリスマスがあってたいへん楽しかった模様。牧師さんのお子さんが同級生なのとお菓子に釣られて子供達の中で彼女だけわりと熱心に教会に通っているのだけれど、日曜学校で習った知識を食卓で披露すると家族から「そういう発想が日本人にキリスト教が受け入れられにくい元だな」と小学2年生には理解しがたいであろう反論がすぐに入ってしまうのはちょっとかわいそう。とはいえ、「今日はお寺でクリスマス」なんて言い間違えをしてしまう程度だから、気にしなくてもいいのかも。

私の方も先週末PTAのクリスマスに参加した。礼拝を担当したのが熱心なクリスチャンであるPTA役員の1人だったのだけれど、お祈りの言葉一つ一つに実感と愛がこめられていて、とても心洗われるひとときが過ごせたと思う。そのあとのゴスペルコンサートもすばらしかったし、各教室の入り口のリースを見たり、校門の正面の大きなクリスマスツリーに点灯された様子も初めて生で見た。一年の終わり、慌ただしいだけでなく、厳粛なしずかな気持ちと希望を持って過ごすのは悪くないと思う。

昨日は生活団に刺繍を教えに行った。クリスマス祝会の残り香のようなものが教室に漂っている。この時期に生活団を訪れることができてよかったな、と思った。刺繍の方は、はたしてうまくお母さん達の知りたいところが網羅できたかな。ひとりもうすでにとても手仕事が堪能な方がいて、一つでも役に立つ何か新しいことが伝えられたのかとっても心配だ。お礼にケーキとポーチと原毛フェルトのスノウマンをいただいて、帰宅後娘達ときゃーきゃー盛り上がったのだった。

|

« くけ台とかけはり | トップページ | すごい宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/13052323

この記事へのトラックバック一覧です: アドベントな日々:

« くけ台とかけはり | トップページ | すごい宿題 »