« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月22日 (金)

年末家事

家事と言っていいのかどうか、現在年賀状鋭意制作中。昨日からはじめたのに、まだ義父の分が終わっていない。(図案も住所録もできて印刷だけに時間がかかっている状態。)義母のと夫のと私のと子供達のが終わるのは多分あさってぐらいかな。

19日は大安で、ずっと懸案だった神棚を新調した。夫の記憶する限り神棚を替えたことはないそうで、ということは下手すると半世紀近くかそれ以上使い続けていたわけ。神具店のご主人に教えて貰ったお祀りのしかたはこれまでのと全然違う。ものすごく長い間間違いを重ねてきたということかな。神社本庁のサイトで見た祀り方とうちのとはずいぶん違うなとは思っていたのだけれど、年長者を差し置いて間違っているなんて言えなかったし。ともかく正しい方法に改めることができて良かった。

10年近く前、いまごろの時期に指先を怪我してから、クリスマスのケーキは市販のものだったけれど、今年は二女ぱん太が家庭科クラブに入ってケーキを習ってきたというので、一緒に作ることになった。24日は長男たかへが最後のセンター模試なので家でのクリスマスのお祝いは25日。年賀状が終わったらどのケーキを焼くかみんなで楽しく迷う予定。

実は台所の掃除がまだ終わっていないので、クリスマスのあとは台所とお餅つき(30日)とおせち、ぐらいかな。とりあえずおせちの食材の手配は終了。あ、お正月の和菓子の注文まだしてない。今年は金沢で行くか松江で行くか、ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

すごい宿題

二女ぱん太(中1)が貰ってくる学年通信に、テストの答案の字が全然読めない者が増加傾向にあるとしてその例も載せられていた。いわゆるギャル字で、正しく読むのはたしかに難しい。先生もたいへんだ、と思っていたら、ちゃんと対策も講じているらしい。字の変形のとくにひどい何人かに対して、特別に幼児用のひらがなとカタカナのドリルが冬休みの宿題に出るというのだ。一種のショック療法なのだろうけれど、そこまでやらんと解らんレベルってことだよな、数度の警告にもめげない子達って。でもそういう相手に通じる手であるのかは少々疑問だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

アドベントな日々

ようやっとクリスマスツリーを出した。アドベントカレンダーも新しいのを買って、毎朝ぴー太が楽しく窓を開けている。この日曜日はよく行っている教会で子どもクリスマスがあってたいへん楽しかった模様。牧師さんのお子さんが同級生なのとお菓子に釣られて子供達の中で彼女だけわりと熱心に教会に通っているのだけれど、日曜学校で習った知識を食卓で披露すると家族から「そういう発想が日本人にキリスト教が受け入れられにくい元だな」と小学2年生には理解しがたいであろう反論がすぐに入ってしまうのはちょっとかわいそう。とはいえ、「今日はお寺でクリスマス」なんて言い間違えをしてしまう程度だから、気にしなくてもいいのかも。

私の方も先週末PTAのクリスマスに参加した。礼拝を担当したのが熱心なクリスチャンであるPTA役員の1人だったのだけれど、お祈りの言葉一つ一つに実感と愛がこめられていて、とても心洗われるひとときが過ごせたと思う。そのあとのゴスペルコンサートもすばらしかったし、各教室の入り口のリースを見たり、校門の正面の大きなクリスマスツリーに点灯された様子も初めて生で見た。一年の終わり、慌ただしいだけでなく、厳粛なしずかな気持ちと希望を持って過ごすのは悪くないと思う。

昨日は生活団に刺繍を教えに行った。クリスマス祝会の残り香のようなものが教室に漂っている。この時期に生活団を訪れることができてよかったな、と思った。刺繍の方は、はたしてうまくお母さん達の知りたいところが網羅できたかな。ひとりもうすでにとても手仕事が堪能な方がいて、一つでも役に立つ何か新しいことが伝えられたのかとっても心配だ。お礼にケーキとポーチと原毛フェルトのスノウマンをいただいて、帰宅後娘達ときゃーきゃー盛り上がったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

くけ台とかけはり

12月に入って、配布(パンジーとビオラ)が終わると友愛セール(友の会主催のバザー)の出品物づくりに追われていた。いや本当は毎日こつこつと作っていたら良かったんだけれど、今回も例によって提出期限直前に焦ることに。縫い物本体は終わっていてもボタンホールがまだだったりして。

縫い物の方は、ここ3回連続同じものを作っている。最寄(友の会の最小構成単位)の人と共同で「ベビー衣類セット」を出品しているのだ。セットの内訳は、さらしの短下着2枚・手編みのベスト・折りたたみ帽子・ガーゼのハンカチの計5点。どれも自分たちが赤ちゃんに作って本当に役に立ったものを厳選したつもり。で、私の担当は帽子とハンカチ。帽子はボンネット型で、T字型をしたクラウン部分の端と端をボタン留めすることで立体的にするもの。うーん、言葉で説明しにくいので写真でも貼れればいいけれどあいにく手元にはない。ハンカチは和装用のガーゼを4重にして縁をブランケットステッチでかがったもの。柔らかくて吸水力抜群。

単純作業なのになかなか進まないハンカチの縁かがりをしながら、そういえば昔小学生のころ裁縫箱セットを買うともれなくついてきたけれど一度も授業では使わなかった、くけ台とかけはりってこういう場面で使うといいのでは?と突然思いついて実行。…おお、作業スピードが2割増!こんな便利なものだったのか。でも学校に行っている間、この使い方については一切説明はなかったな。子供達の裁縫箱を見ても入っていないし、今はもう標準装備はされていないのかも。(と、よーく考えたら子供達のは箱だけ学校が紹介する分で買って、中味は私が別に買ったから、この二つは学校では一度も使わなかったので入れなかったんだった。)

ちなみに昨日がその友愛セール。同時に出品したアップルパイとコーンミールビスケットともども、無事に売れたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

花ざかり

木立性ダリアが満開。庭の自転車置き場の柱を支柱代わりに、花があるのは自転車置き場の屋根の上、ちょうど2階部分の高さ。きれいだけれど水揚げが悪く切り花には不向き。でもこの存在感。Wgarden

とりあえず携帯で撮ってみたけれど、花の大きさとか木の高さとか全然わからないな、この写真じゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »