« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

バーゲンバーゲン

昔々私が大学生だったころ、関西ローカルでこんなタイトルの雑誌(限りなくミニコミ誌っぽい)が出ていたっけな。三条の駸々堂で時々買っていたっけ。

日曜日、義母にチケットを貰って某アパレルメーカーのバーゲンに行ってきた。家中の皆の下着と、自分の外出着と、あれば喪服に使える黒い服を会場内で買って、会場外で靴と歯ブラシ関連とお菓子を買う計画。

インテックスの6号館3階を大きな袋を持ってあっちにうろうろこっちにうろうろ。自分の服は3着ずつ何度か試着するけれど、今ひとつぴんと来ないなあと思いつつ上下一点ずつで妥協。たくさんあると訳がわからなくなるのは毎度のこと。それで家族に頼まれていた分をいろいろ袋に詰めて、黒いのが買えなかったけれどまあいいか、と精算へ。そのあと会場外で予定どおりに買い込んで、宅配手続きをしたあと、会場外の模擬店でオムハヤシを買って遅いお昼にする。長女ぽん太から「私の服買ってくれた?」とメールが入ったので「もうわけわからへんかった」「ええ~ブラウスかカットソーほしいよ~白いの~」

もう一枚チケットを持っていたので、しゃーないな、と、食後もう一度会場へ。めぼしいブラウスの写真を撮ってメール、を繰り返す。なんか色の補正というか調整が難しくて手間取る。でも無事に上下計4点購入。それにしても手間と時間がかかる事よ。本当はぽん太も一緒に来る予定が試験勉強が予定から大きく遅れているとかで私だけが来ることになったのだけれど、次からはこういう買い物はやめておこうっと。疲れるもん、いろいろと。で、自分の黒服ももう一回トライするもやっぱり適当なのはなかった。まあいいか、そんなしょっちゅう使うもんじゃないし、と諦める。(なのになんの符合か、夜にお世話になった方の訃報が!心底驚いた)

翌日配送された荷物とそのまま持ち帰ったものを整理したら、会場内だけで50点以上買っているのに、下着中心でしかも多人数分だったせいか、なんかあんまりたくさん買った気がしないし、片付ければすぐにどこかに紛れてしまう感じで、え、こんだけ?なんて思ってしまった。今年は衣服調べをわりとちゃんとしたので、自分の分はもう要らないかな、と判断できるけれど、夫の分がもうちょっとあってもいいような気がする。年末までにあと2社ほどチケット貰うあてがあるのだけれど、どっちかには行ってしまいそうだ。……無駄遣いしないように夫の衣服リストも作った方がいいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

謎の人?

昨日報恩講(家庭バージョン)が無事終わってほっとひといき。これが終わるとあとは台所さえなんとかしたら年末はおせちだけを考えればいいつもり。実際はそんなにうまくいかないけれどね。

最寄りのスーパーは夜10時まで開いているが、私が牛乳を買いに行くのはだいたい夜9時半ごろ。別に決めているわけではなくて、冷蔵庫を開けて「げ、牛乳明日の朝の分足りない!」と思うのがいつもそのころになってしまうという話。で、いつもその時間帯はほとんど他のお客さんがいない。以上前提。昨夜もまたその時間に行くと、レジの人に「いつも遅い時間ですね。お忙しいのでしょう」と話しかけられてしまった。正直に「いやーいつも牛乳が足りないことに気づくのこの時間なんですわ」と答えたが、帰宅後夫に「絶対いつも変な時間帯に牛乳を大量に(いつも4から6本)買っていくおばさんとしてレジの話題になってるでそれ!」さて真相はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

ひなたぼっこびより

お天気のぐずついている間タチの悪い風邪に捕まっていた(お腹にキョーレツに来るタイプ)。久々に洗濯指数が90になった昨日は、例によって洗濯物が多すぎて全部干しきれなかった。

まだ本調子じゃないけれど、どうしても生活団に届けなくてはいけないもの(水曜日に配るはげみ表―子どもが今週の目標をその日クリアできたかを判断するチェックシートとでも言うのかな―に貼る物を家でいろいろな質感の色紙を駆使してちまちま作っていたのだ)があったので、自転車でゆっくり走る。暖かくいいお天気で本当にひなたぼっこ日和。いつもよく猫を見かける一角も含めて、帰り道に試しに数えると17匹ものひなたぼっこ猫に遭遇したのだった。帰宅後、溜め込んだ掃除の続きもせずに、猫たちに倣って縁側でひなたぼっこしてしまったのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

まぜるな危険

家事集中月間という感じの今日この頃。このところしまい込んでいたipodを出してきて、景気づけに聞いている。実は昨日までうちのipodにはアンジェリークのキャラソンしか入っていなかった。そこにうちにある数少ないCD(音楽はゆうせんで済ませるので本当に少ない)の中味を追加したのだ。

もちろんいつもどおり曲をシャッフルして聞き始める。……アンジェとマシンガンズは混ぜるとかなり危険だ。静かな方(水様とか)の独白のあとにマシンガンズのシャウトが入ると妙にツボに入って笑ってしまって仕事にならない。すっごく面白いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

カーテン

レースのカーテンを洗った。年代物(干支一巡は堅い)なので、糸がダメになっているらしく、縫い目のほつれがひどいので結局7割ぐらいの縫い目を縫い直しというか上からミシンをかけることに。もう買い直した方がいいのかな。年4回洗うのであまり煤けてはいないのだけれど。

でもカーテンを買うのはとても難しい。この古い農家に合う色柄質感のカーテンって?って考えると全然思いつかない。おまけに、とりあえず南の縁側全面にカーテンをつけるとなると、できあがり幅145cm×丈175cmのが4枚要るので、うっかり贅沢にタックを取ると値段も馬鹿にならない。そんなこんなで、結局干支が一巡ちょっとする間南と北の縁側にはレースのカーテンしかついていない惨状だったりするのだ。更に去年リフォームした2階の窓はどこもカーテンがついていなかったりする。ちょっと変わった窓の付き方で、カーテンレールにすべきかポールにすべきかはたまたローマンシェード、なんてぼんやりしているうちに1年以上経ってしまった。仮に北向きの窓にはつけないとしても2階だけで5ヶ所。やはりここは「年末までに」とか期限を区切って考えないといけないのだろう。かかる額を考えるとかなり気が重いけれど。

それはそうと今日は洗濯指数20っていうのを信じて洗濯パスしたら晴れておまけに洗濯物よく乾きそうな風まで……くやしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

おでん

木枯らし一号と来たら、鍋。鍋物は「これっきりメニュー」とでも言うか、副菜とか副副菜とかあまり考えなくていいので忙しいときには本当に助かる。なかでも前もって忙しくなるのがわかっているときは前日からおでん。というわけで南の縁側作業の最終日はおでんだった。

おでんに何を入れるかはそれぞれのお家によって違うだろうけれど、我が家では牛すじ(結構当たりはずれがあるので美味しい店をチェック)・たこ・大根・こんにゃく・ジャガイモ・卵・厚揚げを人数分用意して、あと練り物をいろいろ、という感じ。

今回義母がお友達から「ころ」をいただいたので二日目に入れてみる。(夫と子どもはいつものもの以外が入っていると食べないおそれが強いので、普段どおりで全員がとりあえず食べてからにするのだ。)思えば幼い頃、おでん(「かんとだき」の方がらしい感じ)で一番好きなのはこの「ころ」(鯨の皮)だったのだけれど、もうずいぶん長いこと食べていない。たしか乾物屋では水に浸けて売っていたことを思い出して、一昼夜じっくり戻してとりあえず半量を鍋に入れる。美味しそうに色づいたのを見計らって、試食。……こんな脂っぽかったっけ?何か生臭い?あれ?

まるで偶然初恋の人に出会ったら頭髪量が記憶の半分で横幅が倍になっていた時のようなショックを受けつつ、脂がダメなんだったら、と、仕切り直し。とりあえずアク取りシート(ものすごく重宝する!)を載せてしばらく煮、何度か取り替え、残りの「ころ」は一旦ゆでこぼしてから投入。

今度こそうまくいった。もっちりして、ちょっとしょりしょりした独特の食感。生臭みも無事に消えている。脂っ気も大丈夫。なつかしい味が再現できてとりあえず大満足。

でもお義父さん、とてもおいしくできた大根、たしかに1回のおでんで2本必要だといいましたが、3日連続3本ずつ持って帰っていただいては、さすがに食べきれません…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

3連休

3・4・5は一応三連休。曜日とあまり関係のない生活をしているので、連休でもほぼいつもどおり。小中学生が家にいるけれど。お天気が良くて暖かいので、お掃除に精出すことに決定。もちろん年末大掃除の前倒し。南の縁側のガラス戸(掃きだし引き違い戸8枚)を洗って、縁側にワックスをかける!さらに余裕があれば縁側の北側のガラス障子8枚を洗いたいけれど、実は年々家のゆがみがひどく、ガラス障子を無事にはずし無事に元に戻す自信がなかったりする。どうしよう。

数年前までは南の縁側関連は一日ですませていたのだけれど、このところ体力が無くて2日かかるようになってしまった。それに、こういう大がかりなことをすると俄然他のことがしたくなり、昨日もうっかり三角アップルパイを大量に作ってしまったり。

縁側はもう床材たる木がずいぶんダメになっているらしく、(なんせ築90年超)靴下をはいてつつっと滑ったりしたらさあたいへん、あっという間に厚手靴下をぶっちぎって大量の棘が深々と刺さることになる。ワックスかけ中のゴム手袋にも時々刺さる。なんかぶ厚めに床をコートできてしかもメンテが楽な方法ってないかなあ、と毎年思うのだけれど、何も思いつかないまま床材は順調に老朽化していくのだった。

3日は長男たかへの大本命の入試だった。早朝に家を出て、えらく疲れ果てて帰ってきた。昨年度は倍率15倍だったが今年はもうちょっとマシ(9.3倍)なようだ。まあ、受かったら儲けモン、としか言えない。で、今日はこれから長女ぽん太の進路ガイダンスに出席してくる。いい季節は身体の動かしやすい忙しい季節でもあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

連日のお出かけ

今週はお出かけが続いている。どっちかというと家にこもっている方が好きな私には、揺り戻しがきつそうではある。

31日は久しぶりに夫と神社巡りを再開。夏の間中断していたので。今回は阿倍野王子社と四天王寺。後者は神社ではないけれど。そして一日はぴー太の小学校の創立記念日だったので子ども会の遠足でUSJ。実は毎年この日に同じ場所に行っているのだけれど、この日にこんなに混んでいたのは初めて。団体さんがとにかく多かった。中高生が多いせいか、小さな子ども向きのスヌーピータウンあたりは空いていたのだけれど。とにかく去年など一日で7つ以上のアトラクションに回れたのに今年はその半分以下、というと混み具合がわかっていただけるかも。

で、帰りの電車の中でぴー太がおみやげに買ったポップコーンをこぼしてしまう。幸い1カップに満たない量だったし、混み始める時間帯前で電車内はガラガラだったので、床に散らばったポップコーンをさっと手で掃き集めて、ティッシュか何かに包もうかとぴー太と話していると、後方から「これどうぞ」と折りたたんだコンビニ小袋を差し出してくれた人が。ありがたくいただいて、片付けが終わったあと、改めて向き直ってお礼をと思うとすでにくだんの20代男性は座席で眠っているふりをしていた。…シャイなあなたにここからもう一度ありがとう。

たまりがちなコンビニ袋だけれど、お出かけにバッグに入れておくのはいいかも、と用意の悪い私は一つ学んだのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »