« 荷崩れ注意 | トップページ | 心惹かれるもの »

2006年10月26日 (木)

過ぎたるはなお

中間テストあけの日が休みだった長女ぽん太と、展覧会×2。プライスコレクションとルーブルと。やっぱり2ついっぺんに見るのは無理があると思った。展覧会ってどうしてこんなに疲れるのか。見ている間はとっても楽しいのだけれど。とくにぽん太とだと、いろんなネタの応酬になったりして。展示品のエネルギーに圧倒されるのが主な原因なのだろうけれど、単純に思った以上の距離を歩いていると言うこともあるのかもしれない。

と、そこまでわかっていながら、ここまで来たなら母の母校に行きたいというぽん太を引き連れて、母校のすぐそばまで昼食をとりにキロ単位で歩くし、そのあとも「よし、母の大学時代の帰り道を案内だ!」なんてものすごく遠回りして歩いた。

駅に向かう途中、休憩がてら寄ったフルーツパーラーは、学生時代もいつ行っても全然人がいなかったけれど今回もやっぱりがらがらで、2階にあがりかける私たちを見て1階の果物屋さんが大急ぎで階上に来てくれる状態。お冷やの中に浮かんだレモンスライスは、困惑するほど厚切りで大きく、水を飲むのに工夫が要るレベル。でも頼んだパフェはとても美味しく大満足。ぽん太はフルーツパフェのアボガドが納得いかないと残していたけれど。フルーツパーラーって言葉のひびき自体1960年代の香りがすると思う。そのころの少女漫画ではちょっと気合い入った寄り道の定番として扱われていたような記憶があるし。

とにかくちょっと調子に乗って歩きすぎた。ざっと地図上で測って7kmと8kmの間ぐらい?というわけで今日になってもまだ足が(脚がではなく)痛い。でも若い頃って毎日ここまで遠回りではないにせよ駅から大学まで往復6kmは歩いていたんだもんなあ。若かったよな。

|

« 荷崩れ注意 | トップページ | 心惹かれるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/12436650

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎたるはなお:

« 荷崩れ注意 | トップページ | 心惹かれるもの »