« 拾う神あり | トップページ | 見なければすむ話だけれど »

2006年10月 6日 (金)

そんな結論でいいの

植え込みがものすごい早さで終了する。お手伝いの人たちもたくさん来てくれたし、皆作業の熟練度がアップしているし、土も苗もどんどん植えやすくなってきているし。このところ植え込みが予定より早く終わったときは夫のおごりで(人件費が安く上がったからね)彼の好物を買う倣い。今回は前回に続いて駅近くの寿司屋の上巻。夕食が赤だしを作るだけですんでラッキー。巻きずし美味しいし。

植え込みしながらの雑談中、「このところ右足だけ熱くて気持ち悪い」と言ったら、6歳年上の人に「それは終わりの始まりよ」と言われてしまった。そうじゃないかと思っていたけれど、やっぱり?彼女によると「ここからが疾風怒濤」らしい。ちょっとコワい。

朝のラジオで、「朝食をきちんととる子供はそうでない子よりも成績がよい」、という統計が紹介されていた。それって直接の結びつきでなくて、風が吹けば桶屋が儲かるをはしょった感じの因果関係の割合の方が大きいのでは。朝食の栄養と脳の働きの関係よりも、子供の生活にきちんと気を配る家庭と子供の学習環境の関係の方が絶対大きいと思う。ああ、統計マジック。

ついでに最近よく聞く「アリのうち働いているのは常に3割」、っていうのも、単に「荷物運搬係に振り分けられるのは3割」って事なのではないかと思う。だからこれを「働くのは3割」と言い切ってしまうような人は、人間社会においても「シャドウワークは仕事じゃない」と考えているんだろうなあ、と要らん深読みをして何とも言えない微妙な気分になるのだった。

|

« 拾う神あり | トップページ | 見なければすむ話だけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/12168931

この記事へのトラックバック一覧です: そんな結論でいいの:

« 拾う神あり | トップページ | 見なければすむ話だけれど »