« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

心惹かれるもの

微々たるペースで手芸関連のものを整理しはじめている。でも多すぎてワケわからん。おまけに蔵にネズミの痕跡が!死蔵の(秘蔵でないところが悲しい)布達は本当に無事なのかまだ未確認。

ところで冬物の帽子を作ろうと思っているのだけれど、こんなものを発見してしまった。

いやもうなんというか、心惹かれる。作ってもかぶる機会はないけれど(多分)作りたくてたまらない。とりあえず最適なカーラーの入手だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

過ぎたるはなお

中間テストあけの日が休みだった長女ぽん太と、展覧会×2。プライスコレクションとルーブルと。やっぱり2ついっぺんに見るのは無理があると思った。展覧会ってどうしてこんなに疲れるのか。見ている間はとっても楽しいのだけれど。とくにぽん太とだと、いろんなネタの応酬になったりして。展示品のエネルギーに圧倒されるのが主な原因なのだろうけれど、単純に思った以上の距離を歩いていると言うこともあるのかもしれない。

と、そこまでわかっていながら、ここまで来たなら母の母校に行きたいというぽん太を引き連れて、母校のすぐそばまで昼食をとりにキロ単位で歩くし、そのあとも「よし、母の大学時代の帰り道を案内だ!」なんてものすごく遠回りして歩いた。

駅に向かう途中、休憩がてら寄ったフルーツパーラーは、学生時代もいつ行っても全然人がいなかったけれど今回もやっぱりがらがらで、2階にあがりかける私たちを見て1階の果物屋さんが大急ぎで階上に来てくれる状態。お冷やの中に浮かんだレモンスライスは、困惑するほど厚切りで大きく、水を飲むのに工夫が要るレベル。でも頼んだパフェはとても美味しく大満足。ぽん太はフルーツパフェのアボガドが納得いかないと残していたけれど。フルーツパーラーって言葉のひびき自体1960年代の香りがすると思う。そのころの少女漫画ではちょっと気合い入った寄り道の定番として扱われていたような記憶があるし。

とにかくちょっと調子に乗って歩きすぎた。ざっと地図上で測って7kmと8kmの間ぐらい?というわけで今日になってもまだ足が(脚がではなく)痛い。でも若い頃って毎日ここまで遠回りではないにせよ駅から大学まで往復6kmは歩いていたんだもんなあ。若かったよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

荷崩れ注意

虫干しした着物をしまおうとしたら、畳紙の状態があまりに良くないので思い切って新調。久しぶりに船場に行く。呉服屋さんよりシモジマで買うのが最安値らしい。(一番はじめに買おうとした呉服屋さんで教えて貰った。ありがたやありがたや。)義母に頼まれた分もたくさん買って、ついでに傘も数本買って(子供達が次々壊したり無くしたりするのでストック用)地下鉄に乗る頃には本来なら追加料金取られそうな荷物の量に。なのについでにデパートの印傳展に寄って案の定手提げを買ってしまい、荷物の嵩はさらに増大。電車はすいている時間帯なので良かったけれど、駅から自宅までの自転車が曲者。前後のかごにうまく収まりきらず、ものすごく不安定な状態で自転車をこぐ羽目に。とくに傘がヤバイ、と思っていたらしっかり荷崩れして道路に広がる傘たち。……交通量少ない道で良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ずらり

天気がいい日が続くので、思い切って和服の虫干しを。来春で結婚20年なんだけれど、私の結婚当時はこの農村では嫁入り支度に和服をたくさん持ってくるのがデフォルトだったので、それなりの点数が並ぶ。うち、この20年弱で袖を通したものといえば、留め袖と訪問着2つほどと喪服ぐらいのもの。あと、紬のアンサンブルは、妊婦時代のお出かけに重宝したっけ。(道行とのアンサンブルなので帯無しでもばれなかったため。)

当時は学校行事関係は全部着物で行こうと思っていたのだけれど、結局2回ぐらいしか着ていない。丘の上の学校は行き帰りがきつそうで。でも、まだ着ていない着物も一応自分の好みのものばかりなので、ちょっとしたお出かけにでも着ていけたら、と思いつつ、一体そんなお出かけが自分にあるのかを考えたら何も浮かばなかったりするのだった。

さて、これを全部たたんでしまうのってひと仕事だなあと思いつつ、しばらく着物がずらり並んだ長めを楽しむことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

60cm

生活団でのお手伝いの帰り、末っ子ぴー太の時生活団で一緒だったお母さんとばったり会って、一緒にランチ。久しぶりに市大のウィステリア。安くて美味しくて雰囲気も悪くなくて、ありがたやありがたや。

帰宅すると台所にどーんと届け物が。叔父が釣った鯛でした。あんまり大きいから測ってみたら60cmちょっとあった。うーん、とりあえず新生児より大きいな。「これまでで最高に釣れた!」と釣った本人も興奮気味なのも無理はない感じ。彼のアドバイスに従って今夜は鯛しゃぶ!…って、3枚におろして薄造りにしておけばいいんだよね?で、残りのアラは、(あまりに骨が硬いので)頭を半分にするのは諦めて、甲煮じゃなくてかぶと焼きにしようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

200字

高校PTAでの私の仕事のひとつは、PTAが発行している生徒達への職業紹介のリーフレットの内容をPTAサイト用に200字で要約すること。受験生時代を思い出す。で、いつも字数があわなくて四苦八苦。200字と言うからには180から200で納めたいのだけれど、たいてい150から170になってしまって、微妙に増やすのが難しい。

何を書いても短くなるのは昔からで、学生の時「原稿用紙5枚以上」のレポートを、たいてい4枚と3行前後でお茶を濁してきた、そんなツケがこんなところにまで回っているのがこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

お菓子の詰め合わせ

ただいま市民運動会用のお菓子の詰め合わせ作成中。既製の駄菓子セットは、必ずどうしようもないのが含まれているので、4連菓子とかファミリーパックとかをバラして袋詰めするのだ。

今年はポテチとクッキーとグミとラムネとキャンディとチロルチョコで一人あたり183円ナリ。人数が少なかったのでついつい単価を大きくしてしまった。出資者は子ども会でなくてスポーツ振興会だし。でも、ちょっと豪華にしすぎたかな。

昨日は末っ子ぴー太の参観日。先生も半年目にしてようやく無駄な緊張が解けて、あまりはらはらしなくてすんだ。日本語まだちょっと微妙だけれど。ぴー太については、何をやっても「まあ、ぴー太ならあんなモンかな」って思えるけれど、毎回先生が何を言うかドキドキしていたもので。でもさすがに、参観後の懇談でおかあさん全員の名前をきちんと覚えてらしたのはたいしたものだと、人の名前を覚えられない私は素直に感心したのだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ちょきちょき

衣替えが一応終わって、もう着ない服を使い捨て布用に切っている。買ったばかりのハサミはさすがに切れ味がよくて作業は快適に進む。楽しい。

捨て布切りはこんな風に、やり始めると楽しいのだけれどはじめるまでにかなり決心がいる。形のあるものにハサミを入れるって言う心理的抵抗のなせる技か。というわけで、今回出た不要服は無事に捨て布に変身完了したけれど、以前不要服をまとめてチェックしたときに出たものが布団袋一杯分切り刻まれるのを待っていたりするのだった。んと、今回の分全部使い終わってからね、と予定だけしていて、でも実際捨て布がなくなってからあらたに切る決心をするまでまた何日も(下手すると何週も)かかるんだろうなあ、とは思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

奉納相撲

年々参加者が減りながらもなんとか続いている地元神社の奉納相撲。なんか大会には間に合わなかったけれど今度海外の放送局が土俵を取材に来るのだと本部のおじさん達は大興奮。それが伝わったのか、なかなかいい勝負が続出したいい大会になった。

出場する子供達は水泳着の上にまわしを締めるのだけれど、その水泳着の丈が学年ごとに違って興味深かった。男の子の水着って年々長くなっているのね。

自分の試合が終わったら、上着も着ずにまわし姿で自転車に乗って帰ってしまう子もいたりして、高学年といえど小学生ってやっぱり面白くてかわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

遅れて来るあれこれ

忘れた頃に筋肉痛になって、原因が思い当たらず当惑するのが日常となってもう何年。

昨日洗濯物を干し終えたあたりから腰痛に悩まされている。心当たり特になし。でも植え込み作業の立ちっぱなしがいけなかったのかも。そんなこんなで昨日の午後のほとんどは、どんな姿勢でいると痛くないかを探るだけで過ぎていってしまった。9日は子ども会がらみでいろいろ詰まっているから7日8日で大がかりな仕事を、と思っていたはずなのに。

今朝起きた感じでは昨日よりずいぶん腰痛もマシになっているので、今日中に衣替えを完了させよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

見なければすむ話だけれど

よく買い物に行っていた手芸問屋さんが倒産し、そこが抱えていた在庫が一ヶ月ほど前からほぼ毎日大量にオークションに出品されている。これはヤバイ。下手の横好きながら手芸全般が好きなので、ついついオークションを見に行ってしまい、その材料からどんなものが作れるのか妄想をふくらませ、物によっては後先考えず入札してしまったりするのだ。たいてい自分が欲しいものは他も人もやっぱり目をつけていて、あっという間に手の届かない高値になってしまう。で、無事落札できたものがあっても、いざ送られてくるとそのあまりの量にしばし固まってしまったりするのだった。

よく考えたら自分だって元々大量の手芸資材を自分の部屋の中では収めきれないで、蔵の中にまで積んでいるし、何か作らなくてはいけないものがあったときいつもついうっかりその数倍の材料を買い込みかつ全然関係ないものまで購入していたので、手作り関係の不良在庫は目を覆うばかりの量だというのに。

これは一度自分の抱え込んでいる在庫をきちんとリストして徹底的に整理し、冷静に見直さなければ、なんてまともなことも考えているのだけれど、PCの前に座ったらくだんのオークションをまたついうっかりチェックしてしまうのだ。落札できる確率がかなり低いのだけが救いだけれどすでに手工芸用ハサミを20本以上落としていたりする(ハサミが好きなのは確かだがやはりどう考えても多すぎるよな)…

いや、見なければすむ話だし、冷静にリストを作れば解決するかもしれないけれど、でもやっぱり見知らぬ材料の使い道を考える楽しさに軽く中毒しているのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

そんな結論でいいの

植え込みがものすごい早さで終了する。お手伝いの人たちもたくさん来てくれたし、皆作業の熟練度がアップしているし、土も苗もどんどん植えやすくなってきているし。このところ植え込みが予定より早く終わったときは夫のおごりで(人件費が安く上がったからね)彼の好物を買う倣い。今回は前回に続いて駅近くの寿司屋の上巻。夕食が赤だしを作るだけですんでラッキー。巻きずし美味しいし。

植え込みしながらの雑談中、「このところ右足だけ熱くて気持ち悪い」と言ったら、6歳年上の人に「それは終わりの始まりよ」と言われてしまった。そうじゃないかと思っていたけれど、やっぱり?彼女によると「ここからが疾風怒濤」らしい。ちょっとコワい。

朝のラジオで、「朝食をきちんととる子供はそうでない子よりも成績がよい」、という統計が紹介されていた。それって直接の結びつきでなくて、風が吹けば桶屋が儲かるをはしょった感じの因果関係の割合の方が大きいのでは。朝食の栄養と脳の働きの関係よりも、子供の生活にきちんと気を配る家庭と子供の学習環境の関係の方が絶対大きいと思う。ああ、統計マジック。

ついでに最近よく聞く「アリのうち働いているのは常に3割」、っていうのも、単に「荷物運搬係に振り分けられるのは3割」って事なのではないかと思う。だからこれを「働くのは3割」と言い切ってしまうような人は、人間社会においても「シャドウワークは仕事じゃない」と考えているんだろうなあ、と要らん深読みをして何とも言えない微妙な気分になるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

拾う神あり

植え込み作業のお昼休みの一時間の間に、長男・たかへの受験料の振り込みに銀行へ。ついでだから郵便局ともう一つの銀行と農協での記帳も一気に済まそうと巡回し、最後の農協を出たところで財布がないのに気がつく。これが12:25。

青ざめて今来た道を逆戻りし、一軒一軒で「財布を忘れていなかったでしょうか?」と尋ねて回るが収穫無し。これで12:40。

すぐに駅前の交番に行くと、扉を開けたとたん「○○さんですね」といきなり名前を呼ばれてびっくり。「免許の写真どおりの人が来たのでつい」そう、ほとんど入れ違いで私の財布を拾って届けてくれた人がいたのだった。書類に書かれた時間を見ると5分も経っていない。私が書類にいろいろ記入している間に、拾った人に連絡を取ってもらって(その人が持っている書類にもサインしなければいけないから)待つこと数分、財布の中に入れっぱなしだったギフトカードをお礼に渡して、この件は交番に駆け込んでから10分で無事に解決したのだった。ありがたやありがたや。

財布の中には振り込んだばかりの受験料の支払い証明書があった。それがないと願書が完成しないので出願が危うい、せめてそれだけでも戻って!と思っていたのだけれど、何一つ欠けることなくすぐに手元に返ってきて、まさに「神様ありがとう」な気分。

昼休みが全部潰れたので15分休憩の時に農場から一番近いコンビニまでおにぎりを買いにいって(所要時間12分)大急ぎで遅めの昼食を食べる羽目になる程度の影響ですんで本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

待ちぼうけ

このところ雨だったので昨日の洗濯物がたいへんなことに。干しきれなくて一部乾燥機をかける羽目になった。天気のいい日に乾燥機は抵抗あるけどしゃーない。

昨日はいろいろ買ったものが到着する日だった。苗木と洗剤と食品と。

苗木は夫が畑の隅に趣味で植えている果樹で、今回はびわ。さて、初収穫を味わえるのは何年後かな?

洗剤は、ずっと愛用していたトイレ用洗剤を、生協で扱わなくなってしまったので検索してネットで注文したもの。ついうっかり姉妹製品とかも買ってしまう。新しいものを試すってちょっとわくわくする。

で、食品は定期的に利用しているネットショップのお魚類。今回はとろサーモンとネギトロとサンマの開きで、16時に配送を頼んだので夕飯にネギトロ丼でも間に合うかな、と思っていたのだけれど、18時になっても来ないので諦めて他の献立に。

あとで確認すると10月3日到着じゃなくて10月3日配送、だった。そりゃけーへんわ。

今日からパンジーの植え込みが始まるから、お手軽メニューは植え込み期間中に回すように、ということなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

心を入れ替えて(?)

あまりにも文章を書かないでいたら、全然書けなくなってしまったらしく、サイトの更新がちっとも進まない。たいした文章じゃないんだからちゃっちゃと埋めて、と思うのだができない。困った。とりあえずリハビリにこっちもまじめに書こうと思う。

夏の間さぼっていたので自分の記録もかねて夏の棚卸しというかおさらい記事も書こうと思っているのだけれど予定は未定。とりあえず9月はじめに冷蔵庫は買い換えた。買い換えてみて、冷蔵庫の不調がどれほどストレスになっていたかよくわかった。なんでもっと早く思い切れなかったのかしらね。他のことでもそう思うことが多いなあ。

とりあえず昨日のことを。  ずっと晴天続きだったのに、よりによって運動会の多い第一日曜に雨が降るとは。(うちの子の運動会はどれもかすってないけれど、生活団の体操会が昨日だった。)雨のせいか、日曜日に最終日だった花苗の配布も来る人が少なく、受付係は結構ひまだった。せっかくマリーゴールドの他にインパチェンスもあったのに。あと、個人的に一日に雨が降るとお墓参りがちょっとおっくうだな。(一日十五日は花屋さんが来るので神棚と仏壇とお墓の花を替えなくては、なので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »