« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

写真のウデ

写真が下手だ。下手だから撮らない、ということでますます悪循環。夫も同様なのでうちの子供達は極端に写真が少ない。外出しても行事があっても、カメラを持って行くのを忘れ果てていて、しかも途中でも思い出さない(撮ろうと思わないから)。いけない。

でも実は大学では写真を撮って現像する授業を選択していた。謎のヘルメット(頭のぶれを検出する)をかぶってテストパターンを何枚も撮り、自分の手ぶれ癖を分析したり。なんの役にも立っていないけれど。

これじゃあいけない、とここに来てようやく思うようになってきたので、とりあえず庭の花を少しずつ撮っている。で、これは「毎年咲くけれど見に来てくださったお客様に配るので全開のところをここ数年見られなかった月下美人」。Dscf0027 10輪以上咲いたけれど、一枚に収めることができなかったので、こんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

勢いでつい

鍋は増やすまいと思っていたはずなのに、勢いでついつい圧力鍋を買ってしまう。うちの圧力鍋は私が嫁いできたときにはすでにパッキンがいかれていてしかも購入先がなくなっていたので、ただの重い鍋になっていた。それでも鍋の厚みのせいか、豆を炊くには具合がよかったのだけれど、義母がお友達のヘヴィーユーザーっぷりに触発されてものすごく欲しくなったらしい。

でも私はその有効活用法がいまいちよくわかっていないので、明日図書館で料理本を借りてこなければ。(お鍋に料理本がついていると勝手に思いこんでいたけれど無かった。確認はしっかりしないとね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

天然娘の平和

二女ぱん太(中1)は、「なんだか違う時間軸を生きるらしい」無敵の天然娘だ。

夕食時、「水争い」の話になった。「昔は水で(水を巡って)殺された人もいるからな」夫が言うとものすごく驚くぱん太。

「ええー、昔ってそんなすごいのがあったの?」

しばらく微妙にかみ合わない会話のあと、衝撃の事実が判明。

ぱん太は、水争いを、「水鉄砲を撃ち合うこと」だと思っていたらしい。……そりゃ、人死にが出たら驚くわな。

そんなぱん太は、先頃「先生に『ホンマに面白い子ね。お父さんとかお母さんに天然って言われない?』って言われたー。なんでわかってんやろ?」と首をかしげていた。

…たぶん、誰でもわかると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

お約束ドタバタ展開

義母のリクエストでテールシチューを作った。時間をかけて下ごしらえして、しっかり煮込んで。

とっても美味しそうにできたシチューを鍋ごと食卓に載せようとしたとき。

手元が狂って鍋を落としてしまい、中味は8割方床の上に。食堂のテーブルの下はシチューの海と化してしまった。

「ふるくさーいギャグマンガのような展開?」

メインディッシュを一瞬で失って、呆然。つか、立ち直れない。当分あの大鍋の料理には気をつけなくては。テーブルの下は拭いても拭いても脂っぽいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

旅の宿

夏休みの恒例海水浴の予定がやっと決まる。ネットでさがすのって、便利なようでものすごく一覧性に欠ける感じで、結局ガイドブック的なムックを一旦買って、それを見ながらネットで検索、という2度手間。たいした事していないのにすごく疲れるのは最近老眼気味だから?

ところで観光協会とか宿のサイトって、すごく見易いところもたまにあるけれど、「とりあえず作ってみただけ」感が漂うものもまだまだ多い。なんと言えばいいのか、配色とか構成とか中味のなさとかに「おっちゃん感覚」があふれているというか。

あるいは正反対にやたらとおしゃれで、きれいな写真がたくさんだけれど、「料金は?」とか思うとスライドショーをはじめから順番に見なければいけなかったり、空室情報の更新が長い間放置されていたり。

見やすいサイトなのに何故か予約は電話オンリーというのもたまにある。せめてメールで申し込みできなきゃサイトを開いている意味が薄いように思うのは、私が電話嫌いだからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

そういう季節

近頃子供達が一番下以外口を揃えて「よくわからないけれどだるい。疲れが取れない」と訴える。

そういえば自分のことを振り返っても、4月から生活が変わったときその疲れが出てくるのは6月だったような。というわけで「ま、そういう季節って事やね」で済ましてしまうのだった。

でも本当は自分も今の季節は花粉症のセカンドシーズン(イネ科雑草)でくしゃみと目のかゆみが薬飲んでいても収まらず、たとえ我が子といえど、かまっている余裕があまりないせいなのだった。…とりあえず子供達には強く生きろと言っておこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »