« 冬の朝 | トップページ | ころころ »

2005年11月22日 (火)

彼女の矜恃

人間ドックは全体にさくさく進んで、ご飯も美味しかったし、一週間で鉄剤も驚くほど効果が上がっていたし、いろんな事が杞憂で終わって何より。

とはいえ、総合診療科というところで1時間ちょっと待たされたのだけれど、そこで待っているおばあさん達の会話がすごかった。

なんでも、今通っている行きつけのお医者様は、年が若すぎて全然ダメなんだそうだ。そんで大きい病院ならマシかと思ってこちらの病院に来たのだとか。

「こんなに調子がよくなくて、あっちもこっちも具合が悪いのに、検査してもなんにも病気が見つけられずにいるばかりでなく、あろう事か、『それはもうお歳ですから』なんて言う!!」

ちなみに彼女87歳だそうだ。うーん、ある意味とっても若いのかもしれない。

|

« 冬の朝 | トップページ | ころころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122459/7261856

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女の矜恃:

« 冬の朝 | トップページ | ころころ »