« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月22日 (火)

彼女の矜恃

人間ドックは全体にさくさく進んで、ご飯も美味しかったし、一週間で鉄剤も驚くほど効果が上がっていたし、いろんな事が杞憂で終わって何より。

とはいえ、総合診療科というところで1時間ちょっと待たされたのだけれど、そこで待っているおばあさん達の会話がすごかった。

なんでも、今通っている行きつけのお医者様は、年が若すぎて全然ダメなんだそうだ。そんで大きい病院ならマシかと思ってこちらの病院に来たのだとか。

「こんなに調子がよくなくて、あっちもこっちも具合が悪いのに、検査してもなんにも病気が見つけられずにいるばかりでなく、あろう事か、『それはもうお歳ですから』なんて言う!!」

ちなみに彼女87歳だそうだ。うーん、ある意味とっても若いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

冬の朝

まだ冬というのには早いけれど、朝の空気が冬っぽくて、なんだか嬉しい。寒いのは嬉しくないけれど、冬の朝のピンと張ったような空気感が大好き。

満月から2日ほど、西の空に残る月が日の出と共に一瞬で色を失うさまが見られるのが冬の朝の最大のお楽しみ。今日もちょうどそんな朝で、お弁当を早めに作り終えて、物干し台からゆっくり月を見ようと思っていたのに、ちょっとした時間差で見損ねてしまった。あした、まだ見られるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

コワいかも

貧血気味で毎日ふらふらしてて、今月に入ってからというもの気力も体力も低下しきっている。
そんな様子を見て、夫あめまが、「アレ試した?」

アレって言うのは、半年ほど前夫が疲れが取れないとこぼしていたとき実家母が持ってきたCOQ-10のサプリメント。
夫にはすごく効いたんだけれど、効き過ぎて眠れないっていうんで棚の奥深くに眠っていたのだ。
そういえばそんなものあったっけ。試してみよう。と。

なんということでしょう、昨日までのうだうだがウソのようにシャンシャン身体が動くではあーりませんか。

「ほれ、すっごい効くやろ?」となんだか得意そうな夫。
半年前夫が飲んだとき自分も試したけれど、そのときはなーんにも実感するような変化はなかった。
でも今回ははっきりと違う。すごい。なんか怖い気もするけれど。
ちなみに眠れないなんて事は全然なく、5分でぐっすりは相変わらず。なんせ歯科治療中口あいた状態でうっかり熟睡したことがある奴なもので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

回復♪

今年5月の誕生日に夫・あめまにプレゼントされたipodミニが、先月末急に不調になった。

特定の数曲以外全部早送りでとばしてしまうのだ。いろいろ試してみても全体の1割ぐらいしか聞けない。サポートページを探してもさっぱり訳がわからなかった。思い切ってサポートに電話したら、「復元」したらOKとのこと。

確かにその通りで無事元に戻って一安心。(復元の過程でなぜかダウンロードがうまくいかないとかいろいろあったものの。)でも不調の原因もどうしてそれで直るのかも私にはよくわからなかったりする。直ったからいいけど。

とりあえず以前のようにアームバンドで左肘上に固定して(これが一番家事のじゃまにならない位置)、すでに年末モード気味な家事に精を出さねば。貧血なので休憩時間が異様に長いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

障子はりいろいろ

とりあえず障子は張った!あとはもう最低限にする!

障子張り歴10年の私に言わせてもらえるなら、障子張りのポイントは「障子はがし」。去年まで愛用していた障子はがし剤が今年はどこにも売っていなくて、仕方がないから他のメーカーのを使ったけれど、やっぱりあんまりよくない。全然気持ちよくはがれてくれない。ロールオンタイプのものよりも、水で希釈してスポンジで塗りつける方が、きっちり端まで塗れるのでストレスが少ないように思う。

本当は今年は無地じゃない障子紙にしようと思っていたのだけれど、全然選択肢がなかったので断念。もっと年末にならないと店頭には出ないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

どきどきスケジュール

このところ目に見えて氷食ほかの貧血症状が強まり、手足がひどくむくんで来たので、市の検診ではなく人間ドックを予約した。以前通っていた病院は、ベッドが空いていたらとりあえず入院させようとするし、検診してくれる近所の診療所もすぐ胃カメラのませたがるし(貧血は持病のせいだと言っておいても「一応」ってね。)、そのあたりを思うと足が遠のいて結局こんな事に。考えた末3年前の入院時の主治医が異動した先の病院での検診にしたのだけれど、自己管理のなってなさに、戦う前から敗北感に浸っている。

週末来た問診票や検体採集キットを前にどきどきしつつ、15日に法事があるからその前に家中の大掃除を済ませておけば、3年前みたいに即入院になっても大丈夫だな、なんて机上の空論いいところの計画を立てる。計画を立てて数日経つけれど、案の定全然進まない。体力よりも気力が大幅に落ちていて、一日にできることがものすごく少ないのだ。こんな短い文を書くのに何時間もかかるし。一本のなんと言うこともないメールを書くのに3日以上かかってたりする。でも法事の日程は動かせないし、8枚の障子は張り替えをまっているのだった。…ぐずぐずしてないでとりあえずガラス障子洗ってこよう。天気がいいんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »