« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月29日 (土)

デビューのタイミング

月初め、ちょっと衝動買いにしては予算オーバーな鞄を入手。それをデビューさせる予定を組むとなんか雨になる。

鞄とか靴とか、雨の日におろしたくないし、始めて使った時に雨に降られたものって、後々まで「雨鞄」とでもいうのか、雨をよびやすいような気がするから。ジンクスですな。

でも、使う前から雨に縁の深いこの鞄ってば、そういえば雨の日に買ったのでした。「印傳展」のはがきが来ていたから迷ったあげく、最終日の終了直前に駆け込んで。若い頃から雑誌の広告の印傳バッグに心惹かれていた私、ようやくここに来てあれを持っても違和感なくなった、っていうのは年をとって嬉しいことの一つかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

祭りのあと

やっと市民運動会が終わった。ああ、開放感。

でもうっかりゼッケンの洗濯とアイロンがけを一手に引き受けてしまったよ。100枚ほどあるよ。かけてもかけてもアイロンが終わらないよ。よしだたくろうの「祭りのあと」、なんて口ずさんでいる場合じゃないよ。

明日からの一泊2日のリフレッシュ旅行、全然準備してないのに、こんな事でいいのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

プレゼント

ビオラの植え込みが始まった。視力の低下を感じる。

長女ぽん太の誕生日が近い。去年欲しがっていたが高価すぎるので却下した品を、近頃がんばっているようだし、思い切って買ってやるかと思っていたら、他に欲しいものがあるとのこと。いいよ、何でも言ってみなさい、というと返った答えは。

「ジョジョの奇妙な冒険・全巻セット」

15歳の乙女の誕生日プレゼントにそれってどうなんですか。

まあ、去年却下した「パタリロ!DVDBOX」と五十歩百歩と言えばそうなんだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

獅子舞

先月半ばから近辺で音だけは聞こえていた獅子舞がやっとうちに来た。

このところ獅子舞来るときには不在だったのですごく久しぶりな感じ。

「アタマ噛みましょうか」うーん、子供が出払っている時間なのが本当に惜しい。いま子供いないしいいです、と断ると「じゃあ」と私が噛んでもらってしまったよ。

これで物忘れが少しマシになるといいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

忘却の利点?

ミステリ好きと名乗るには、「私などまだまだ」という感じで少し抵抗がある。けれど、中学生の頃からそれなりに読んではいる。たぶん。

中学生の頃、横溝正史ブームで(トシばれますな)、当時出ていた文庫本48冊を読破した。
実家母が高木彬光ファンで、家に山積みになっている文庫たちを高校生の頃愛読していた。
会社勤め時代、一年先輩にミステリ好きの人がいて、それまで全く読めなかった(恥ずかしながら人名で混乱してしまうのだ。シとかジで始まる名前多すぎ!)海外物を少しずつだけれど読むようになった。
長女ぽん太を妊娠中、図書館の最寄りの分館にあるアガサクリスティを片っ端から読んだ。(他の3人の時にはなかった現象だ)
大学のゼミで一緒だった人がミステリ作家になったので、新本格もちょびっと読むようになった。

でも最近気がついた。
うんと昔読んだ物も、2年ぐらい前に読んだ物も、なんというかさっぱり覚えていない。
犯人と動機とトリックの3つを全部覚えていることがなく、どれか一つか二つだけ。
まあ、何度も同じ本を楽しく読めるからいいか、と思うしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »